2015/02/02

モノクロベタ焼きもスキャン

古い写真のスキャン、まだまだ続いています。

PCの本体に、できるだけ溜め込みたくないので、8ギガのSDカードを用意しました。プリンター複合機に差していったん画像を取り込みます。PCを立ち上げる必要が無いのがメリットかな。

あれえ、SDカードに保存するには、複数枚を並べての自動スキャンが効かなくて、1枚ずつセットします。
ホコリと静電気が邪魔です。
150202betayaki


モノクロ35㎜フィルムのベタ焼きもあったので、1本分ずつを600dpiでそのまま取り込んでみました。A4サイズ位で数ファイル。
そのファイルをPCにコピーすれば、フィルム1本をPCの画面上でスクロールして、拡大して見ることができます。ワンシーンを切り出せるし。
ネガスキャンとは又違った使い方。
画質は悪いけれど、記録として見るだけならまあ・・かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/16

古い写真

古い写真の整理を始めています。
150114album

私のアルバムNO.1は昭和20年代。父が編集したもので、ネガはすでにありません。
布製の表紙はぼろぼろで台紙も脆くなっていました。
実は以前にもスキャンをはじめて、途中でした。

改めて最初から。
若かった父が旧仮名遣いで書き込んだ、詩的な文章もイラストも残したくて、ページごとにスキャンして、更に、残したい写真ははがして1枚ずつスキャン。
自分で焼き付け、引き伸ばしをする人だったので、写真のサイズはネガサイズやら名刺判。キャビネや手札。
時間がかかりましたが、どうにか1冊終わりました。

見やすくなければ未来の人達に捨てられるだけだと思います。
価値観もあるでしょうけど。
平凡な家族の昔の写真は、誰かが捨てればそれきりですが、写っている背景を見ても、その時代ならではのものです。
江ノ島があんなにシンプルとか。大磯の岩場がとか。鶏を飼っていたなとか。
150116enosima

「写真コーナー止め」
150117furusyasin

写真をはがすときに、昔ながらの「写真コーナー止め」を使ってあったのは楽に外せて、紙とセロファン製?のそれは今となっては懐かしくもありました。
外しやすいということは、すでに写真が何枚か持ち出されていましたが。
今でも「写真コーナー」は売られているのかなと調べたら、販売されていますね。紙製のあと、ビニール製というのがあったことも思い出しました。

バラバラにしたアルバム原本60頁30枚は手持ちのB5ポケットファイルに入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)