2019/06/29

ミニキャバリア張り子

ミニキャバリア張り子の頭のてっぺんに穴を開け、輪にして結んだ紐を接着剤で留めて。

190623harikouragawa
張り子の裏は厚めの紙で蓋をします。中にはプラスチックビーズ数粒を入れて音が出るように。
次に仕上げの和紙を裏前面にヤマト糊で貼ります。
乾いたら、紐以外に防水材(パジコ)ツヤ消しを2度塗り。
乾燥中。頭上注意。

190626bosuizaikansou

接着も塗装も一工程ずつ乾いたら次に移ります。これ大事。急がない。

時々振ってビーズの音がすることを確認します。中でビーズが挟まっていたり、接着剤に張り付いていたり。今回紐を固定する接着にパワーエースを使ってみて、中でプラビーズが仲良くくっついてしまったのがありました。 オペしました。

3.5㎜×3.5㎜くらいのミニキャバはりこ。

190627minicavahariko
2000年のクリスマス飾りにブレンハイム(茶白)を作りました。

令和の初夏はトライカラーも登場です。

振ると音がする仕掛けにして、ストラップを付けて完成。

タイトルは「いつも一緒に」

お顔はいろんな子がいます。作者としてはみんな可愛い。

 

| | コメント (0)

2019/06/17

「キャバリアの星皿」を作りました

190612kyabarianohosisazara

「キャバリアの星皿」を作りました。
これは黄色がけっこう強くて、裏面と縁は亀甲柄の千代紙です。
五角形の星形に亀甲六角形を使う? と思いましたが、星って五画と決まってないもんねと開き直り。色合いがイイナと使った千代紙がたまたま亀甲模様だっただけの話。

他にはクリーム色やアイボリーの本体に無地のカラー金和紙を貼ったのも作りました。

| | コメント (0)

2019/06/11

アン君は側にいても悪さなんかしませんが

190611andy

今年もアゲハの幼虫さんのお世話をしています。
アン君は側にいても悪さなんかしませんが、前脚の一歩、しっぽの一振りが悲劇を招かないように、ばあやはそれとなく気を遣います。

| | コメント (0)

2019/05/06

タオルの捨てみみを編み始める

同じ色合いの仕分けができたところで、編んでみることにしました。
φ15㎜のジャンボかぎ針で細編みの矩形です。
力が要る。青いのは30㎝定規です。

190506towelmat

完成。今日はこの辺で。

190506mat_andy

| | コメント (0)

2019/05/05

タオルの捨てみみを玉状に巻く

先月届いた「タオルの捨て耳」を巻き始め。綿ぼこりが出るかなと、風のない日に外で作業したのでアン君も付きあって外にいてくれて、
フェンスの上を逃げる猫を下から追いかけて興奮してました。

190503towel

綿ぼこりは気にするほどではなかった。室内でも大丈夫みたいです。

2本どりで1㎏くらいずつ段ボールに巻かれていたのを、1本ずつ毛糸玉のようにして、全部で10㎏を玉にするのに3日がかり。
全てやってしまわないと、送られてきた色の割合やボリュームがつかめないのです。
タオルは白だけではないので。

| | コメント (0)

2019/04/29

相変わらず爪切り苦手

シャンプーOK
爪切りさせてくれないかなあ
あとは後ろ脚の指1本なんだけど

160429andyshampoo

| | コメント (0)

2019/04/28

アンディの目

アンディの目、見た目普通の感じですごしています。

風が強かったり、ちょっとショボつくかなという時、人口涙液「ソフトサンティア」を洗い流すようにさしてやっています。

防腐剤が入っていないので、使い始めの日を書いて1週間位であとは残っても捨てています。

今週は6種のワクチン接種が済みました。

 

| | コメント (0)

2019/01/09

アンディの目

またアンディの右目がしょぼついて獣医さんへ。
心臓の薬をもらいながら目も診ていただきました。角膜が傷ついてまた目薬生活に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/01

新年の朝日をあびて

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます。
190101andys


新年の朝日をあびて、アンディも元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/30

ちぎり絵の「にゃあ」

今年たぶん最後のちぎり絵作品は猫さん。
直径10㎝位で、裏に一応造花ピンを付けてはあります。ブローチとしてよりもカーテンに留めるくらいでしょうか。
181229nyaa

犬のキャバリアばっかり作っていたので
猫のイメージが私の中で自在に動いてくれなくて苦しみました。
猫の張り子を作っていたときとは、私自身表現のしかたが変わった気がします。

名前はすんなり「にゃあ」と付けました。
この「にゃあ」の延長線上または枝葉のように、どんな兄妹が生まれてくるか、来年は、いっ時集中して猫に取り組むのが良いかもしれない。
自分に宿題を出す年の瀬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧