2019/05/06

タオルの捨てみみを編み始める

同じ色合いの仕分けができたところで、編んでみることにしました。
φ15㎜のジャンボかぎ針で細編みの矩形です。
力が要る。青いのは30㎝定規です。

190506towelmat

完成。今日はこの辺で。

190506mat_andy

| | コメント (0)

2019/05/05

タオルの捨てみみを玉状に巻く

先月届いた「タオルの捨て耳」を巻き始め。綿ぼこりが出るかなと、風のない日に外で作業したのでアン君も付きあって外にいてくれて、
フェンスの上を逃げる猫を下から追いかけて興奮してました。

190503towel

綿ぼこりは気にするほどではなかった。室内でも大丈夫みたいです。

2本どりで1㎏くらいずつ段ボールに巻かれていたのを、1本ずつ毛糸玉のようにして、全部で10㎏を玉にするのに3日がかり。
全てやってしまわないと、送られてきた色の割合やボリュームがつかめないのです。
タオルは白だけではないので。

| | コメント (0)

2019/04/29

相変わらず爪切り苦手

シャンプーOK
爪切りさせてくれないかなあ
あとは後ろ脚の指1本なんだけど

160429andyshampoo

| | コメント (0)

2019/04/28

アンディの目

アンディの目、見た目普通の感じですごしています。

風が強かったり、ちょっとショボつくかなという時、人口涙液「ソフトサンティア」を洗い流すようにさしてやっています。

防腐剤が入っていないので、使い始めの日を書いて1週間位であとは残っても捨てています。

今週は6種のワクチン接種が済みました。

 

| | コメント (0)

2019/01/09

アンディの目

またアンディの右目がしょぼついて獣医さんへ。
心臓の薬をもらいながら目も診ていただきました。角膜が傷ついてまた目薬生活に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/01

新年の朝日をあびて

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます。
190101andys


新年の朝日をあびて、アンディも元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/30

ちぎり絵の「にゃあ」

今年たぶん最後のちぎり絵作品は猫さん。
直径10㎝位で、裏に一応造花ピンを付けてはあります。ブローチとしてよりもカーテンに留めるくらいでしょうか。
181229nyaa

犬のキャバリアばっかり作っていたので
猫のイメージが私の中で自在に動いてくれなくて苦しみました。
猫の張り子を作っていたときとは、私自身表現のしかたが変わった気がします。

名前はすんなり「にゃあ」と付けました。
この「にゃあ」の延長線上または枝葉のように、どんな兄妹が生まれてくるか、来年は、いっ時集中して猫に取り組むのが良いかもしれない。
自分に宿題を出す年の瀬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/18

替えコード

アンディ君のペットヒーターが出番を迎える季節です。
181114petheater

コードの根元の配線が見えるようになったので、そのまま使うのは不安。
コードをまるごと取り替えました。
本体の白い部分のネジをドライバーで外すと、中にプラグがあるのですよ。
こうやって使い続けられるモノっていいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスリースとブローチ

181030xmas1

クリスマスに向けて、ペーパークラフトのリースとちぎり絵のブローチ作りに取り組んでいました。181112xmas2

リースは高齢者のサロン用に考えたリースと途中まで同じ。サイズと一部パーツが違います。こちらはもちろんキャバリア付き。紙選び、糊選び、どれもけっこう楽しかった。
高齢者のサロンでのリース作りは喜んでいただけて、キャバリアのリースとブローチが一段落して、ちょっと一休み中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/02

夏から秋へ

夏から秋へ


この夏の連日の猛烈な暑さの日々、台風、大雨、暴風に脅かされて。
おだやかな日のありがたさを思います。

毎年仕立てていたゴーヤの緑のカーテンを作りませんでした。
代わりに遮熱遮光のレースのカーテンに変えてみました。悪くないです。
ゴーヤの実とバナナミルクのMIXジュースが無いのは寂しかったな。

小窓から差し込む強烈な朝日と西日対策は、遮光遮熱カーテンでガードしました。カーテンの厚さがうっとうしいけれどガード効果があるので我慢しました。


お彼岸が過ぎたけれども。
大型の台風がやってくる前に急いでお墓参りに連れて行ってもらいました。「そこに私はいません・・」と歌われても、やっぱり行ってしまいます。
孫たち二人は、道々落ちていた銀杏の実を踏んでしまって、そのニオイの強烈なことを体験しました。言われただけではわからないの。食すると美味しいのだけどね。


アン君は、夏に「ぶどう膜炎」ということで通院し、今も点眼しています。
構ってほしいと前脚で私の脚をつついて、それでもだめだと、かっぽう着の裾を咥えて引っ張るという技に味をしめたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧