2017/05/31

昨日5月30日で13年

このblogを始めて13年も経ってしまった。
今月は空っぽ・・にしないよ。この記事を書いています。

日々の暮らしに何事もないわけではなく、ふりかえると。

友人家のお葬式。
年齢的にこれから連れあいとの別れが増えてきますね。

連休には東北に住む次女夫婦がやってきました。

今年もまたアゲハの幼虫たちが外に、家に、います。

山椒の実が30粒ほどできたのがうれしくて、昆布の佃煮にしました。
去年は1粒だったから。

娘が持ってきたルバーブでジャム作り。自分ちで収穫したと・・うちのは枯らしたのでした。

アン君は狂犬病予防接種をしました。
フィラリア予防の薬やノミダニ除けのフロントラインプラス、今月も大変だわ。

虫除けの気休め?にミントスプレーも作ってあります。

そしてただ今、ちぎり絵貼り絵、頑張っています。

2、3日中にはゴーヤ用の土が届くはずです。また忙しくなるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/28

昭和の歌

「好きな歌は何?」この間、テーブルの向こうから小学生の孫が聞いてきた。
彼女はパソコンでYouTubeの画面を見ながら気に入った曲を流して歌う。
そうねえ、私が好きなのは昭和なんだなあ。戦後。ひとつに絞れない。
でもド演歌ではない。M2ちゃんに言ってもわからないでしょうね。

今風の歌曲は、やったらテンポが速くて、日本語の歌詞でもどこで息をついだら良いのかわからない聞き取れない。耳がまだ良かったころの歌が好きなのは言葉・・詩がわかることもあるかもしれない。

母のと、家にあったテープの中からみつけた曲を流している。
ダークダックスとか、岸洋子、、、、、、、、

ちょうどテレビのミヤネ屋で、昭和レトロの話題でうたごえ喫茶のことをやっていて、昭和のメロディは歌いやすいという声がありました。まさにその通りでうれしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/17

カセットテープとレコーダー

家での昭和38年(1963年)録音というのは、後年オープンリールからカセットテープにダビングしたので、カセットテープ自体はそこまで古くありません。
家のカセットテープで一番古いのはたぶん1960年代末期のです。これ原盤かなあ?
HITACHI C-60(c)で紙箱に入っています。¥500
もう1本はHITACHI C-120プラケース正価1.300円 とあります。

70年代80年代のテープは再生時に絡まってしまうかと思ったけれど、意外に丈夫。伸びたりはしているかも。
F○のテープはリードテープが継ぎ目ではがれやすいというけれど、今回実証してしまった。巻き取られていなかったので、どこのテープだ? と見たらやっぱりF○。
ハーフのネジを5本外して開けて、巻き取り部分にテープを直付けして(1回使用保てば良いので両面テープを使って)セットし直して。 *このころのハーフはネジ止めでした。その気になれば自分で直せる。新しいものはネジが無いと、、、見たら本当だわ。
さて再生・・・ここで操作を誤って録音ボタンも一緒に押してしまったことに気づいたのは25分も経ってから。
あーーっ B面大半を消してしまった。永遠に。

昔の小さなsanyoカセットレコーダーMR56型、一番酷使してきたと思う。当然全てアナログなのだけど音の高低、速度も3段階に変えられる。講座の録音やインタビューに持ち歩いたり、テープ起こしに使ったり。

これから持ち出すときはICレコーダーになりそうですね。テープの入れ替え時間を気にしないですむから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カセットテープをデジタルに

カセットテープが見直されているらしいですね。
高齢者にとっても昔から馴染んでいて、操作ボタンさえ大きめなら扱いは楽です。でもすでに手頃なお値段の再生機器は選択肢が少ないと思われます。

家に断捨離できなかったテープがたくさんあります。
古いのは昭和38年にオープンリールで録音した家族の声を、ダビングしたもの。
今となっては貴重な記録です。
カラオケや、市販されている音源はその気になれば手に入りますが、個人的なものは消えたらそれっきり。
懐かしいものはデジタル化を始めました。

すっかり忘れていましたが、PCにカセットテープの音源を取り込むケーブルやらソフトやらが出てきました。何年も前に息子にもらったのでした。箱に「iPodで聴こう」とか書いてあったので、iPod無いもんね~MDも無いしと放っておいた「デジ造」一式。付いてきたソフトを全機能使うには制限がありますが、Win10でも取り込めるとわかりました。ラジカセからPCへケーブルに付いたUSBコネクターで取り込めます。

ひたすらPC画面の波形を見ているだけ。二股に分かれたケーブルからイヤホンではモニターできます。できたファイルをSDHCに入れておけばいいのかな。

もうひとつの方法、SONYの手のひらサイズのICレコーダーICD-LX31も仲間入りして、その使い勝手も比べながらデジタル化を進めています。
ICレコーダーを使うのは初めてですが、この機種はデジタルに変換した音をSDカードに保存できるというもの。
ただし、その液晶画面にタイトル曲名は表示できなくて日付ごとにフォルダーが作られて、その中に順にファイルが作られていくしくみです。PCにバックアップを取りました。
別にタイトルや内容をメモしたものを作る必要があります。
(追記*「デジ造」を使ってPCにMP3で取り込んだファイルは、SDHCカードに入れてICレコーダーICD-LX31に差し込んだら、タイトル名が表示されました。 )

もとが素人の録音だし、ダビングした音を再生すると小さかったり、まあそれなりに昔を懐かしむレベルです。
耳が遠いので、正確な音量がわからない。それもあって音楽からは遠ざかっていたのだけど、懐かしさがよみがえってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれにスタートしました

新年度が始まって、孫たちは入学、進級それぞれにスタートしました。彼らの行動範囲が広がりつつあって、心配の種は尽きませんが、いつまでも手もとにばかり置いておくわけにいかなくて。

私の生活も少~しリズムが変わってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/31

3月も最終日

3月ももう最終日。というか年度末。
持ち歩き用の予定表が使いにくくて、買い直すために出かけるつもりが、今日は寒くて引きこもってしまった。
きのうは暖かかったのに・・・

暖かくて風が当たらない日にはプランターや植木鉢をひっくり返して、土を陽に当ててふるってと一連の作業をしていました。
足元と腰に気をつけながら、動作が鈍くて情けない。

土いじりの間、玄関のドアを少し開けておくと、アン君は勝手に出入りして、ひなたぼっこが心地よさそう。
きのう黄色い蝶が飛んでたな。
ツマグロヒョウモンの幼虫もみつけ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

冬に羽化したナミアゲハ

1月30日に羽化したナミアゲハ。
残った1頭はさらに生きて、もう春。
3月9日には暖かかったので外に出してみました。
飛んで行くことはもう無理なので、せめてビオラに乗せて少しの間、陽を浴びて。
170309namiageha

また飼育箱暮らしに戻して・・・
・・・・3月13日の朝は翅を動かしていたけれど、夕方になって気がついたときは動かなくなっていました。
翌日、あじさいの根元に埋めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

ナミアゲハ蝶

ナミアゲハ、2頭のうちの1頭・・翅が大分無くなっていたほうが、ゆうべ動かなくなりました。脚を縮めて横たわっています。
もう1頭はさっき、薄めた蜂蜜を飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

もうすぐひな祭り

おひな様、愛らしいお仲間が増えました。
170301hinakokesi


初挽き福こけし4人組を迎えてまもなく、ひなこけしも仲間入りしました。
こけしの実家は同じ「木地処さとう」さんです。
裕介工人さん作。
着物の柄は蟹菊という伝統の・・・私は勝手に蝶が舞っていると連想したい。
首は横に動くので、男びなの冠をつまんで、ついくるりと回してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月30日に羽化したアゲハたちは

2月の残りの日は一気に過ぎて行き、私は頭が追いつかない状態でした。

1月30日に羽化したアゲハたち2頭は。
生きています!
寒いとじっとしていて、日中陽が当たるとばたつくのは同じ。
翅がかなり傷んでいます。
日に一度、ごく薄めた蜂蜜を吸っているだけで、命を保っていることが驚きです。
同居の菜の花は3代目となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧