« それぞれにスタートしました | トップページ | カセットテープとレコーダー »

2017/04/17

カセットテープをデジタルに

カセットテープが見直されているらしいですね。
高齢者にとっても昔から馴染んでいて、操作ボタンさえ大きめなら扱いは楽です。でもすでに手頃なお値段の再生機器は選択肢が少ないと思われます。

家に断捨離できなかったテープがたくさんあります。
古いのは昭和38年にオープンリールで録音した家族の声を、ダビングしたもの。
今となっては貴重な記録です。
カラオケや、市販されている音源はその気になれば手に入りますが、個人的なものは消えたらそれっきり。
懐かしいものはデジタル化を始めました。

すっかり忘れていましたが、PCにカセットテープの音源を取り込むケーブルやらソフトやらが出てきました。何年も前に息子にもらったのでした。箱に「iPodで聴こう」とか書いてあったので、iPod無いもんね~MDも無いしと放っておいた「デジ造」一式。付いてきたソフトを全機能使うには制限がありますが、Win10でも取り込めるとわかりました。ラジカセからPCへケーブルに付いたUSBコネクターで取り込めます。

ひたすらPC画面の波形を見ているだけ。二股に分かれたケーブルからイヤホンではモニターできます。できたファイルをSDHCに入れておけばいいのかな。

もうひとつの方法、SONYの手のひらサイズのICレコーダーICD-LX31も仲間入りして、その使い勝手も比べながらデジタル化を進めています。
ICレコーダーを使うのは初めてですが、この機種はデジタルに変換した音をSDカードに保存できるというもの。
ただし、その液晶画面にタイトル曲名は表示できなくて日付ごとにフォルダーが作られて、その中に順にファイルが作られていくしくみです。PCにバックアップを取りました。
別にタイトルや内容をメモしたものを作る必要があります。
(追記*「デジ造」を使ってPCにMP3で取り込んだファイルは、SDHCカードに入れてICレコーダーICD-LX31に差し込んだら、タイトル名が表示されました。 )

もとが素人の録音だし、ダビングした音を再生すると小さかったり、まあそれなりに昔を懐かしむレベルです。
耳が遠いので、正確な音量がわからない。それもあって音楽からは遠ざかっていたのだけど、懐かしさがよみがえってしまった。

|

« それぞれにスタートしました | トップページ | カセットテープとレコーダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/65163955

この記事へのトラックバック一覧です: カセットテープをデジタルに:

« それぞれにスタートしました | トップページ | カセットテープとレコーダー »