« カセットテープをデジタルに | トップページ

2017/04/17

カセットテープとレコーダー

家での昭和38年(1963年)録音というのは、後年オープンリールからカセットテープにダビングしたので、カセットテープ自体はそこまで古くありません。
家のカセットテープで一番古いのはたぶん1960年代末期のです。これ原盤かなあ?
HITACHI C-60(c)で紙箱に入っています。¥500
もう1本はHITACHI C-120プラケース正価1.300円 とあります。

70年代80年代のテープは再生時に絡まってしまうかと思ったけれど、意外に丈夫。伸びたりはしているかも。
F○のテープはリードテープが継ぎ目ではがれやすいというけれど、今回実証してしまった。巻き取られていなかったので、どこのテープだ? と見たらやっぱりF○。
ハーフのネジを5本外して開けて、巻き取り部分にテープを直付けして(1回使用保てば良いので両面テープを使って)セットし直して。 *このころのハーフはネジ止めでした。その気になれば自分で直せる。新しいものはネジが無いと、、、見たら本当だわ。
さて再生・・・ここで操作を誤って録音ボタンも一緒に押してしまったことに気づいたのは25分も経ってから。
あーーっ B面大半を消してしまった。永遠に。

昔の小さなsanyoカセットレコーダーMR56型、一番酷使してきたと思う。当然全てアナログなのだけど音の高低、速度も3段階に変えられる。講座の録音やインタビューに持ち歩いたり、テープ起こしに使ったり。

これから持ち出すときはICレコーダーになりそうですね。テープの入れ替え時間を気にしないですむから。

|

« カセットテープをデジタルに | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/65164121

この記事へのトラックバック一覧です: カセットテープとレコーダー:

« カセットテープをデジタルに | トップページ