« 今朝の月 | トップページ | シャコバサボテン今年は »

2017/01/13

こんにゃく糊で

寒い時期、引きこもってこんなことを。
こんにゃく粉を溶かして作るこんにゃく糊。紙が丈夫になったり接着に使ったりするという。
去年の6月頃にはじめて作って塗って、ちぎり絵の色落ちのために失敗したのでしたが、溶かしていない粉はまだまだあります。
使いコナしたい。

和紙に塗って丈夫にした強制紙という紙がありますが、更に塗ってみようと思いました。
水(寒いので少しぬるま湯にしてみました)500mlに、こんにゃく粉2.5gをペットボトルに入れてシェイク。すぐには溶けないので時々振って3時間くらい経ったでしょうか。まだ溶けきっていなかったので、鍋に移して火に掛け沸騰させました。
溶けたところで冷ましてペットボトルに戻す。
170112konnnyakunori


和紙は45✕60㎝に切ってアクリル板に乗せて、刷毛でこんにゃく糊を裏表に塗ってはがし、ベランダのタオル掛けに干して自然乾燥。(夢中になっていて撮りそびれ)
片面塗って乾いたらもう片面に塗るようですが、一気に両面やってしまった。どうなる?

作ったこんにゃく糊は日持ちしないらしいので、タイの和紙(タマリンド)でも実験。薄い紙です。
170112konnnyakunori2

強制紙の小片や小物にも塗って、アクリル板に貼ったまま乾かし、こんにゃく糊は2日で使い切りました。
170113konnyakunori

*アクリル板大きい方は置く場所の都合で545×650cm厚さ2mmを使っています。
小さめのアクリル板も複数枚あるので、それも便利です。


|

« 今朝の月 | トップページ | シャコバサボテン今年は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/64778253

この記事へのトラックバック一覧です: こんにゃく糊で:

« 今朝の月 | トップページ | シャコバサボテン今年は »