« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/08/29

台風が来るというのに

迷走した台風10号が来るというのにまたカラスアゲハが羽化。

大きな立派な幼虫だったからね。
前蛹時代がちょっと・・?だったけど、無事に誕生したよね。
160829karasuageha1

8月23日に飛んでいったカラスアゲハとちょっと後翅の模様が違うね。
(画像は片方ですが、翅の尾状突起は左右ともちゃんと伸びています)

これからお天気が荒れるけれど、今のうちに出発するかい?
160829karasuageha2

。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★

このカラスアゲハは、幼虫時代のほとんどを外に置いたルーの鉢で過ごし、丸々大きな幼虫に育ちました。
飼育箱に取り込んでからは他の幼虫たちとすごして。

前蛹になる糸かけに失敗したのか、重量級なのでどってり落ちたのか、飼育箱の底に敷いたキッチンペーパーの上で転がっているのを見つけました。
生きてはいる。
前蛹の時の容姿もイマイチの子を飼育箱から取り出して、くしゃくしゃにしたティッシュペーパーに乗せて蛹に脱皮するのを待ちました。

ズングリとできあがった蛹を数日経ってから蛹ポットに入れて一休み。
そして今日の羽化。

近くの枝で休んでいくかなと思ったら、ご近所の樹まで飛んで行きました。
160829karasuageha3
わかりますか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エッグアート展

朝霞市西原の「銭洲亭」でエッグアート展が開かれていると昨日の新聞に載っていました。
ぜひ見に行かなくては。

店内の壁面にも棚にもカウンターにも、見上げれば上からもタマゴ、タマゴ。わわっ
喫茶店なのでまずは落ち着いて、コーヒー(ブラジルにした)とカップを選んで。
作品は近寄らないと見えないので他の席のお客様たちと融通し合って目をこらす。
ウズラの卵からダチョウ、エミューの卵まで大小、繊細に彫り?切り抜いて?繊細に装飾を施されています。
中も外側も。ソールハウス感覚で殻を切り抜いた扉を開閉できたりもするのです。
エッグアート用のパーツもあるのですね。

壁のボードにエッグアートの歴史が書かれていました。
天井近くに張られたネットからは細いリボンで吊されたたくさんの卵の殻。紙が貼られていたり彩色されたり。
レジそばに飾られたカラフルな花も卵の殻でできていました。

今月31日まで。定休日が明日火曜日。
新聞記事に気がついて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/23

カラスアゲハ羽化2

カラスアゲハ羽化1の蝶です。

飼育箱の中でバタバタしはじめて、そろそろ旅立ちかな。
箱から出して指にとまらせて。
160823karasuageha01

翅を閉じると赤い模様が見えていましたが、開くとこんなメタリック。
食草にしていたルーの枝に留まらせて。
160823karasuageha02


後翅のメタリックブルーの模様も美しい。クリック拡大してご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスアゲハが羽化1

今朝は、黒くなっていたカラスアゲハの蛹の色が、薄い茶色っぽくなってきていました。
黒い色はカラスアゲハの色。薄い茶色は蛹のカラの色。
蛹の外側と、黒い中身が少しずつ離れていっているのでしょう。
蛹の頭の突起が透けてきて、あとはカラが裂けて蝶が出てくる準備中なのでしょう。

カラスアゲハ羽化です。
160823karasuageha03

割り箸の下の方には今までお世話になっていた蛹のカラ。。
翅が完全に伸びて、おちつくまで1時間以上はそっとしておくことにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/22

台風が来るというのに飛び立った

台風が来るという今朝羽化したナミアゲハ。
外が荒れていると羽化しても1泊させることが多いのですが、今朝羽化した1匹は飼育箱の中で活発に暴れる。

外ではシジミチョウも飛んでいるし・・・
少し雨が降っている・・・
思い切って飼育箱ごと外に出して蓋を開けたら、飛び上がって行きました。

どこかで雨風しのいでいるといいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/20

お祭りは中止

今日は15時から町内会の夏祭りを手伝う予定でした。
大気が不安定で急に雨が降ってくるので、どうなるのか。

出がけに電話が入って、明日への順延もなく“中止”になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/17

あばしゴーヤ

今年のゴーヤ、きのう16日に最初の1本を収穫しました。
実が付くのが遅く、収穫が例年より遅いです。
去年買った種から育てた“あばしゴーヤ”で、長さはないです。
13.5センチ。

今朝2本目を採りました。

来年は種類を変えたい。
もっともあまり大きくない方が良い、このくらいのサイズがちょうど使いやすいという声もあります。

植えた5本のうち1本の葉が見た目おかしくなっている。
抜かないと駄目かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こけしの絵付け

孫たちが初めてのこけしの絵付けをしました。
160817kokesi4


今年の夏休みはこれにしようと決めていて準備してありました。
全員集合ができなくて、今までのところ2人ずつ4人。

まずコピー用紙にどんな感じのこけしにしたいのかを描いてもらいました。色鉛筆も使ってだいたいの色を決めて。
カッパにするという小三は「カッパのお皿はどうなってるの?」
婆「本物見たことないからねえ」

絵付けをする白木のこけしは木地処さとうさんで販売されている3寸のものを使いました。
6歳からの子どもにちょっと贅沢かもしれないけれど、今年でなければできない絵付けもあるよね。ちょっと緊張して描くのもいいんじゃない。
顔や胴は大きい子も筆ではなく、ポスカで絵付け。
顔にする中心だけはきちんと決めておいて、あとは自由にしました。

「消せないからね」と脅かしたので「シャーペンで下書きしてもいい?」と。
・・・いいよ。
ほっぺたを赤でギザギザ描くのはやめて、口さけ女みたいになるよ。

怪獣を描いた彼はこけしの眉毛を太くしたいと再び線を入れ。黄色いのが目です。

もとは同じこけし形なのに、描かれたものはそれぞれ違う。おそらくまた描くことがあっても同じにはならない。
底に名前と日付を入れて、今年の夏休みの記念に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/15

ごめん月下美人

あー ごめん
160815gekkabijin


夕べ咲きそうだと思っていて、気がついたのが今朝。
1輪咲いたのですよ。
大きい鉢の月下美人の花。
やっと咲いたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/12

花たち

ブッドレアががんばっています。切り戻したいけれど蝶の蜜源だものね。
160804buddreaja


朝顔2鉢。1鉢M2ちゃんちに行く予定でしたがまだ家にいます。
160807asagao


百日紅が今年はうどんこ病にやられないで花を咲かせています。
青空を背景にして撮れるようになるのはいつごろでしょうか。
160812sarusuberi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/11

クロアゲハ羽化

蛹の色が黒く透けてきて、いよいよだなと思って出かけました。
3時間ほど経って帰って見ると、予想通り居ましたっ クロアゲハ。
160811kuroageha


飼育箱の中で暴れるので、外に出しましたが、うーん、どうしたらいいのかわからないみたい。
低空飛行で、高く舞い上がらないうちに角を曲がっていきました。

たしかこの子は卵のうちから箱入りさんだったので、外を知りません。
幼虫、蛹時代の記憶?体感?が蝶にあるのかもわかりませんけど。

後ろ翅に白い色があったので男の子でしょう。
花の蜜を吸いにおいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/09

リオオリンピック

リオオリンピック
家はBSを観るという選択肢が無いけれど、リモコン持ってNHKと民放を行ったり来たりして観ることも。

今朝は早起きして体操男子団体決勝。金メダル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑炎暑

テレビで「猛烈な暑さ」と言っているし、36、37、38、39度越えのところもあったという。
原チャで走っても当たる風は熱風。

プランター植えのゴーヤの根元に腐葉土と藁を敷いてみた。
実はまだ採れるほど大きくはない。

ゆうべ(8日の晩)月下美人1株が4輪開花。

ルーが元気がなくなってついには枯れるのがいくつかあるのは暑いから?水加減?肥料? 
プラ箱や飼育箱にも屋外にもアゲハの幼虫たちはいるけれど、エサの葉、足りるといいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/08

イチロー選手 通算3000本安打達成 !

イチロー選手 通算3000本安打達成!
気になって待っていた。
おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/07

市民祭りに

6日7日は市民祭りでした。5日は前夜祭。

6日、孫のS君(年長さん)とママが鳴子を持って踊るので、今年もビデオで撮ろうと朝霞の森会場へ行きました。
パパはパパでカメラの動画で撮ってます。

小さい子の隊列は、子ども同士前後左右の間隔が狭く、大人の蔭になってしまうと姿が見えなくなって悲劇。
沿道から追いかけながら撮るのは、いつものことながら難しいもの。
まあ、踊りましたという記念に撮りましたよということで。

娘のほうは小学生のSちゃんと一緒に別の会場で演舞。こちらはステージだったので撮りやすく、会場の雰囲気まで収められました。

無理をしてまでは行かないよっと言ってあったものの、なんとかいけそうだと、家から駅までは息子の車に同乗して私鉄に乗って隣の駅へ。
今年もビデオ撮りの目的をまあまあ果たすことができてホッとしながらも、祭りを楽しむ余力はありませんでした。

なにしろ暑さは半端ではなく、歩き回った帰りに一駅乗って降りたときには、更にここから歩く気は失せてしまって。

盛夏のお祭りを楽しめるのは若いうちだなあとと思い知りながら、なかなか来ないタクシーを辛抱強く待っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »