« こけし絵付け初体験 | トップページ | 3月11日 »

2016/03/07

子どもたちとの交流

3月6日 
産業文化センターで今年も「世代間交流ものづくり体験教室」が開かれました。
地域の包括センターや市内で活動している会のおじいちゃんおばあちゃんが、子どもたちにものづくりを教えて交流する日です。
卵の殻を使ったポプリや、折紙の独楽、パウチで壁掛けづくり、数合わせカード、木の切れ端・・・それぞれのアイデアとネタで交流です。
私も友人の会の応援に行きました。刺し子のコースター作りです。
160306sashiko
↑画像は開場前の刺し子ブース。静かだけれど始まったら順番待ち。

刺し子ブースでは午前午後あわせて 50人分。
前もってサラシを切って縁をミシンがけ。図柄はチャコペーパーで写して、好きな色を選んで刺すだけに用意しておきました。ペンギン柄が人気。千鳥と、意外にも桜柄も受けました。

初めて針を持つお子さんも多かったのですが、覚えるのも早い。
家庭でも針を持つことを教えたら楽しいし、役に立つと思います。
針の始末さえきちんとすれば。

すぐ近くのブースでは「ふわふわ飛行機」というのを飛ばしている男性たちが。
その物体は、実にのどかにふわふわ飛ぶんです。
気になって見本をいただきました。発泡スチロールペーパーにマグネット片を貼ってありました。

午前午後、疲れた~~ けれど、今日も楽しみました。

|

« こけし絵付け初体験 | トップページ | 3月11日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/63312827

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちとの交流:

« こけし絵付け初体験 | トップページ | 3月11日 »