« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015/06/30

初めてのそうめんかぼちゃ

初めてのそうめんかぼちゃ。
半分切りして、袋に入って来ました。
150627soumenkabocya1

輪切りにして、沸騰した湯で8分茹でる。
・・冷蔵庫から出したので、もう少し時間をかけても良かったのかな。
箸でほぐすと、そうめん状にほぐれるんです。
150627soumenkabocya2

かぼちゃのホクホク感はなくて、味は淡泊。
めんつゆでいただきました。
ぽん酢が良いとか。
マヨネーズを付けてみました。
サラダ感覚の不思議なかぼちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/28

張り子紙

頼んでおいた張り子紙が、和紙センターから届きました。
これは二つ折りになった状態です。
古紙を原料にした、まさにリサイクル紙。
150628harikogami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/26

小川町へ和紙を買いに

埼玉県の小川町まで、和紙の買い出しに行ってきました。
張り子紙はここのでないと。
小川町に行くのは8年ぶりかな。オオムラサキの放蝶会以来です。

張り子紙は在庫が無くて、注文しておきました。

代わりに使えそうな紙を試しに買ってみました。
「桑」が原料みたいです。

外に出ると、ポツリポツリと予定通りの雨。
150626ogawamachi

帰りに、伝統工芸会館に寄ったら、見学の小学生が記念撮影していました。
館内では紙すきの見学をする人、漉いたはがきを乾かす前に飾りを付ける人。平日なのにオバサンたちの姿が多い。 ツアーなのね。
細川紙が、無形文化遺産に登録されましたし。
150626ogawakouzo
↑和紙の原料になる楮。

ちょうど開催されていた「彦坂礼蔵 和紙ちぎり絵展」を観ました。ちぎり絵そのものの作品と、作品をデジタルプリントしたデジタル版画の両方が展示されていました。
プリント用紙について、ききそびれて残念。

工芸品の売店と、道の駅をにも寄って。

雨のせいで、更に行動する気力を無くして、駅へ向かうバスに乗る。

池袋行き快速の曇った車窓から見えるのは両側に迫る緑。
そして田植えが済んだ景色の中を、傘をさした子どもたちが列になって帰って行く姿が見える。

たまにはこんな地方への買い物も良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/23

がん検診

がん検診

予約してあった胃がん検診。
待ち時間に肺がん検診も済ませて。

朝から水分を飲めないというのは、朝から用事があって動き回らなくてはならない人間にとって良くないんじゃ・・・。汗をかく季節だし。
猛暑や熱帯夜でなくて、まだよかったと思う。

鼻から胃カメラを入れるのは初めての体験。
経口でドロリとした薬を飲み、鼻にシリンジで2,3回?液体を流し込まれ・・次第に効いてくる。
診察台に左を下に横になり、右側の鼻からカメラを。
我慢できる程度の痛さを我慢して。

頭の上の方の画面に映し出されていくので気になる。「上を見ないで下さい」と。
緊張がほぐれて、でも涙出るわ。

慣れた頃オワリ。

結果異常なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/19

和紙で3 ブルーキャバリア

「ブルーキャバリア」は、かつてキャバリコ子犬や、粘土キャバで作ったり、PCのお絵かきではやっていましたが、貼り絵や切り絵、ちぎり絵などの和紙絵で手がけたいと、頭の中で暖めていました。
青色系の濃淡和紙を集めて。
150619bluecava1


まずはこんな感じで、はがきサイズです。
トライカラーのキャバリアに、ホスタの葉(ボリューム不足かな)

ホスタの花言葉は「静かな人」「変わらない思い」だそうです。

台紙は、はがきサイズ色紙に白い雲流紙。

アップしていませんが、ワトソン紙に銀和紙を貼った台紙は、暖かみのある背景になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和紙で2 ちぎり絵のキャバリアです

ミニ色紙(寸松庵色紙)と、はがきサイズ色紙に貼りました。

あっさり何気なく貼るつもりが、次第にコテコテと。
150619minisikisi

黒い台紙にブレンナムのキャバリア。花はスーパーカル。

右はパピーの画像が可愛くて、使わせていただきました。
幼いトライカラーの子は、自分で撮るチャンスがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和紙で1 キャバリコ子犬復活

更新の間が開きすぎて・・・
のこのこ出てきました。

150619cavalicopuppys

10年前に作った張り子の「キャバリコ子犬」復活です。
友人と、あれ可愛かったねえ、作ってという話になって。

きちんとしたカタチではないのですが、なんとなく、ぽてんとして
可愛いのです。
もちろん振ると、カラカラしゃらしゃら音がします。
当時はブレンナムの茶色に柿渋、白い被毛は石州紙を使ったのもありましたが、今回は普通の和紙に、白い部分の仕上げ貼りが石州和紙。
首には、コヨリで作った紐を巻いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/06

らっきょう甘酢漬け

6月に入って、今年もらっきょうを漬けました。
記事を・・アップしていませんでした。
あとから割り込みアップです。

150605rakkyo3k

鳥取産のらっきょう3キロ。今年もコープみらいのです。
ざっと洗って根と薄皮を取って、また洗って60gくらいの塩をまぶして一晩おいて。
10~20秒くらい熱湯に浸す。(3等分して手付きザルごと浸すと楽でした)
調味液は甘くないのが良いので、おたふくらっきょう酢3:米酢1くらい。
おたふくらっきょう酢は2パック開封して余りました。

角瓶1本、大瓶1本、500ml瓶5本、小瓶1本。
150606rakkyo

鷹の爪は間に合わなかったので、後からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »