« 新宿御苑 | トップページ | ナミアゲハ越冬蛹4頭目 »

2015/04/02

遅くなったけれど金柑ジャム作り

お彼岸のころに金柑の実をいただいてきて、更に追加の実もやってきて。
もう4月。やっとジャム作りに取りかかる。傷んだ粒は取り除いて。
小さいけれど数はあるので、細かい作業。
毎年少しずつ方法が変化しているかもしれないけれど、今年も作ったという自分用メモです。
150402kinkan1

良く洗ってヘタは取って、5分ばかり茹でる。
実を二つ割りにして、実と袋、種を取り出す。ヌルヌル。
皮に三温糖と香り糖をまぶしておいて、袋と実も少し混ぜて水を加えて火にかけて煮詰める。
時々竹べらで混ぜる。
最後の方はレードルを使いました。瓶に移すのに使いますし。

鍋の横のパイロセラム鍋には実と袋、水を足して火にかけて。
火を止めたらザルで漉してペクチンに・・なるかな。
一部をジャムに加えて、残りは密閉容器に入れて冷凍します。

金柑ジャム、煮沸しておいた450ml位の瓶に、3本+1本弱できました。
150402kinkan2

蓋をしたら瓶をひっくり返して冷まします。


|

« 新宿御苑 | トップページ | ナミアゲハ越冬蛹4頭目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/61382946

この記事へのトラックバック一覧です: 遅くなったけれど金柑ジャム作り:

« 新宿御苑 | トップページ | ナミアゲハ越冬蛹4頭目 »