« 月下美人取り込み | トップページ | 懐かしい画像 »

2014/11/16

このごろ・・蛹やら幼虫やら

植木鉢を移動したり、枯れたツルをはずしたり。
草を抜いたり。
あちゃ、ツマグロヒョウモンの蛹までかたづけてしまうところでした。お尻の先が外れて、転がっているだけ。でもキラキラメタリックは消えていないし。助けないとね。
ボンドをほんの、ほんのちょっぴり付けた木綿の糸を、お尻の先にわずかに残った綿のようなところに当てて、そのまま待つ。ボンドを蛹のお尻に付けないように気をつけて。141116tumagurosanagi1

糸とお尻の先がちゃんと付いたのを確かめて、糸を割り箸にくくりつけて。
水がかからないカポックの鉢に刺しておくことにしました。
141116tumagurosanagi2


おまけは、また見つけた!ナミアゲハの終齢幼虫。
141115namisyuurei

レモンの木にいましたので、即収容。

今年もさんざんアゲハのエサになったくれたレモンの木。
141115remon

1個、実を付けたんですよ。

-----------------
追記
ツマグロヒョウモン蛹のつり下げについて。
ボンドを塗った糸は30番のカタン糸を2本どりにしたもの。
ポイントを作るために一結びして作ったコブに、速乾ボンドを付けました。ほんとに少し。
蛹のお尻に残った綿の様な部分がもっと多かったら楽なのですが、今回のは、ほんの少しでした。ボンドの成分が蛹の中身に悪さをしないかとか気になります。以前、ヤマト糊を使ったか記憶が曖昧です。


そして今回、うっかりカポックの木に水を撒いてしまい、蛹が外れ、貼り直しました。

|

« 月下美人取り込み | トップページ | 懐かしい画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/60668811

この記事へのトラックバック一覧です: このごろ・・蛹やら幼虫やら:

« 月下美人取り込み | トップページ | 懐かしい画像 »