« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/31

暑かったね

これでもか、これでもかというほど暑い夏。35度越えが当たりまえになってしまった夏。子ども時代にはクーラーなんて無かったし、うちわでパタパタやっていたけど、ここまで高温が当たり前という夏は、子どもの頃の記憶にはない。

アンのお古のクールマット、アンディは気に入ってくれそうでしたが、そのうちなぜか使わなくなってしまいました。
130817andy


お散歩は、夕方はなかなか道路の温度が下がらないし、朝も早くでないと陽が昇ってきて暑いですね。
130818andy

この朝はマゴマゴズ2人も一緒にお散歩。アン君モテモテでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/30

ルバーブジャム作り2回目

きのう、玄関ドアを開けたとたんにマゴマゴズ1号から手渡されたレジ袋。
中には蕗、ではなくて、なんて立派なルバーブ。130830rhubarbjam1

旅行のお土産なのだけど、これでジャムを作って~ と期待してのこと。

.........................

◇1束500G を 2束
◇砂糖300Gくらい(私はいつも控えめで)
◇レモン汁 レモン1個分

過去のブログを見ると、今年6月に初めてルバーブジャムを作ってみた時は400Gで作ったのでした。あの鍋では入らないからステンレス鍋で妥協しよう。

○ルバーブの茎を洗って両端を落として、1.5㎝くらいに切る。ほんとは適当にザクザクと切りました。

○砂糖(香り糖)300Gほどをまぶして、※今回は2~3時間置きました。

○竹ベラで混ぜながら弱火で煮ていると形が崩れて、ジャムらしくなっていきます。
130830rhubarbjam2
前回は最初、焦げるのではないかと不安でちょっぴり水を足しましたが、そんな心配は無用でした。

○25分煮ました。火を止める少し前にレモン汁を混ぜて。
130830rhubarbjam3_2

○煮沸消毒しておいた空き瓶に詰めて。
瓶は家にあった瓶の再利用。
130830rhubarbjam4

○煮沸したり脱気したりと熱湯相手の作業はトングとゴム手袋が役に立ちますね。

 あそんでくれない、つまんないや
130830andy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/22

おめでとう安打4000本

イチロー選手 安打4000本まであと1本。今朝の新聞でちょうどその記事を読んでいると、テレビにニュース速報の文字。
「お、来た」
4000本達成おめでとう。

鳥肌が立って。

祝福を受けて笑顔を見せているイチローを見て今度は涙が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/14

粘土-どれにしよう

シニアの集まりで、これからのプログラムの中に、「粘土で遊ぼう」という企画があります。
「粘土」に反応してその回の仕掛け人になりました。
まずは、スタッフ何人かが作ってみようということで。

◎本番では1時間で作って、20~30分後には持ち帰る状態にならなければならない。
◎会場が和室。乾燥が早くて手が汚れない粘土...
◎着色などしなくてもいい。していられない。
◎費用も安くないと。

過去に自分が使ってきたのは土粘土、油土、紙粘土、石粉粘土、パン粘土、桐粉といったところです。

粘土について調べてみると、今回は「軽量粘土」「樹脂粘土」が向いているようです。ほとんど未経験。
手に入るのから数点を買って自分で使ってみました。
ほとんどが白くマシュマロの感触。手加減しないと表面をへこませてしまうほど。細かいこといわずに、この感触を楽しんでいただきましょう。
乾くと更に軽~くなってびっくりです。

「かるいかみねんど かるがる」「ふわふわかる~ん」「ふわフワかみねんど」「ハーティ」「のびーるエアクレイ」

作業中手に付く粘土、乾燥後縮みすぎて作品のイメージが違ってしまった品。
乾いたらパーツが取れやすいとか。
こればっかりは自分で使って日にちもおいてみないと。

今回の超短時間講座用にということで、近くのお店ですぐに手に入れやすい、
「のびーるエアクレイ 新日本造形」を候補にしました。
「ふわフワかみねんど クツワ」もよかったです。
作るものは「白ウサギ」と「白いフレーム」を予定しています。
ビーズも使います。

================================

木の粉をつかったものでは、薄茶色のダイソー「木粉粘土」、茶色い「もくねんさん」も買ってみました。

「もくねんさん」:もっちりとして軽量粘土よりは練るのにちょっぴり力がいりますが、 これも良いです。鉛筆を作るのに出たおがくずをリサイクルした粘土で、土に還ると言うし。

「おゆまる」:前もって型を作っておいた方がいいのかな、という考えもあって、「おゆまる」というのも使ってみました。80度のお湯に浸けると柔らかくなって、柔らかいうちに形を作ったり型どりできます。

「天使のねんど」、「ハーティ」と同じパジコの「モデナ」も近いうちに試しておきましょう。

孫たちは自由研究が夏休みの宿題だそうですが、婆やはこうして楽しく自主研究しちゃっています。この炎暑だというのに。好きなことは苦にならないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/05

第30回彩夏祭

2,3,4日は市民祭り「彩夏祭」でした。
2日の前夜祭は家でおとなしく過ごしておいて、3、4日は「関八州よさこいフェスタ」の踊りを撮りに朝霞へ、北朝霞へ。

お嫁ちゃんも娘もマゴマゴズも踊り子なので、私は去年からまたビデオカメラを手に、追っかけおば・・婆さん。また来年も撮る健康があるかどうか、原チャで移動できる体力があるかわからないけど、今年はクリアできました。

北海道からの「平岸天神」の演舞。その昔、テレビやビデオで観て、踊りも演出も「さすがぁ」と思っていたのだけど、朝霞で生で観られるとは!なんとラッキー。

高知県の「とらっく(社)高知県トラック協会」の衣裳がまた奇抜で楽しくて。

熱中症にはならなかったけど、足の裏痛い、首痛い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »