« はじめてのセルフレジ | トップページ | 第30回彩夏祭 »

2013/07/21

翅が折れたナミアゲハと

一週間ほど前のこと、外で翅が折れたナミアゲハをみつけました。
右翅が伸びきらなかったのではなく、二つに折れている状態。
踏まなくてよかった。
130715namiageha


パタパタすれば多少移動できるものの、舞いあがれない、舞い落ちる。

ブッドレアの花房につかまらせると、待ってましたとばかりに、せっせと蜜を吸う。


いなくなったと思うと、近くに落ちている。

それでも1~2メートルは横にヒョコヒョコと移動するので、道路にだけは出ないように、姿を見かけるとヒメツルソバの葉に避難させる。

ブッドレアの花のなるべく新しいのやランタナの花に乗せる。

門扉の傍か、この鉢付近が定位置になったようでした。
130716namiageha
夜も、ここで泊まっている。
雨がしのげるしね。

出入りする人がいると、踏まれたりしなかったかそっと確認する私。

そのうちについに右翅が取れて、鱗粉がはがれてきて。

産卵にきた別のアゲハが私の至近距離まで寄ってきます。
翅が折れた子は何を想って仲間を見ているのかな。

18日の朝、ブッドレアに乗せても吸水管を伸ばさないなあ。
私の手には登ってくるのだけど。
出かけて帰ってきたとき、姿が見えなかった。
今までなら、目をこらせば姿を捕らえることができたのに。
いよいよ「さよなら」でしたね。

このアゲハは4、5日は、いたのかな。

一時、蜂蜜で餌やりしようかと思いました。でも外で仲間が飛んでくる場所で、陽を浴びて、雨を凌いで暮らす方を選びました。


プランターのフチ下の蛹は予想したとおり、蝶になれませんでした。

飼育箱の中で子ども時代を過ごした黒アゲハが、きのう羽化して
130720kuroageha
慌ただしく飛び立っていきました。

周りの極小スペースでいろんな命が生まれて消えて。
夏はまっさかりです。

|

« はじめてのセルフレジ | トップページ | 第30回彩夏祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/57833575

この記事へのトラックバック一覧です: 翅が折れたナミアゲハと:

« はじめてのセルフレジ | トップページ | 第30回彩夏祭 »