« ナミアゲハ6頭目羽化 | トップページ | アンディ「黒目川花まつり」へ »

2013/04/07

固まった苛性ソーダを処分する

手作りせっけんの材料の1つ、苛性ソーダ。
買うときは薬局で印鑑を押して買うのですが、容器の中で固まって廃棄する羽目になったら・・私だけではないと思うのですよ。

去年、廃油を使って石けんを作ろうとして、数年前に買ったプラ容器を開封したら、かちかちに固まって出てこない。
割ることもできない。下手に飛び散ってもやっかいだし。

どうしたらよいのか。

薬局に聞いたり、ネットで調べたり。
大量の水で薄めて少しづつ流すだの、掃除に使うだの・・そもそも塊になっているのが水に溶けきるのか・・
買った薬局では引き取らないというし、縁の下の土に埋めるというのもあって・・・知識がない自分が危ない実験はしたくないので、ギブアップ。
きちんと処理業者に頼む方向で次々電話をして調べました。

クリーンセンター、近辺の廃棄物処理業、保健所。県。
問い合わせした廃棄物処理業者さんと、県から「埼玉県産業廃棄物協会」を教えてもらう。
そこに電話をすると、「苛性ソーダ」を扱える業者名と連絡先を聞くことができました。

できるだけ近い1社(場所は三郷市)に連絡してみる。
持ち込みで500g位のボトル1個、費用は1000円。
回収を頼むと10000円位かかるそうな。

直接持ち込みといっても、公共の乗り物には持ち込めないというしね。
ネットでの情報では郵送も不可。

三郷まで原チャで行くには遠い。
自分で車を出せれば簡単なことなのでしょうけど、今やペーパー。

と、保管したまま年を越し、春になり(笑)

息子の車で連れて行ってもらいました。

三郷市の「株式会社三栄興業」本社に行ったら持ち込み場所「上口リサイクルセンター案内図」をくれました。

上口リサイクルセンター窓口で苛性ソーダを渡して処理費用、1050円(税込み)を払って。

やっと終わりました。

石けん作りをするために買った苛性ソーダが、固まってしまったり、溶けてしまったという方はいるのではないかと思います。大量ではないけど普段のゴミに出すこともできないし。
家庭でなので産廃??とも思いましたが、私の場合はこうやって処分できました。

|

« ナミアゲハ6頭目羽化 | トップページ | アンディ「黒目川花まつり」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/57123853

この記事へのトラックバック一覧です: 固まった苛性ソーダを処分する:

« ナミアゲハ6頭目羽化 | トップページ | アンディ「黒目川花まつり」へ »