« ナミアゲハ全部蛹になっちゃった | トップページ | 赤ちゃん人形クリーニングと修理1 »

2012/11/17

人形のちいぽぽちゃんクリーニング

孫のM2ちゃんはお人形の「ちいぽぽちゃん」とよく遊んでくれます。
「ちいぽぽちゃん」は「ぽぽちゃん」よりちょっと小さい子。もともとは従姉たちの人形。
ちいぽぽちゃんがM2ちゃんの目の前に来たときにはかなり年期が入ってしまっていて。
口はなにか御馳走しようとしたアトがあるし、布ボディは丸洗いできなくてバッチイし。
それでもとても気に入って遊んでいるので、杏ままはダメ元でオペを決めました。
121114chiipopo1

<自己流、自己責任でやってます。どなたにもおすすめというわけではありません>
画像はクリックで拡大してみてね。

121114a

①首は結束バンドで留まっています。

②工具を使って結束バンドを切って抜いて、頭をはずして。

③ボディはどうなっているのでしょう?
綿をはがして、骨格(芯)は始めて見ました。
よく曲がるワイヤーの真ん中のところ、肌色のプラスチックはネジ留めになっています。
ワイヤーはクッション材(?)で覆って、端はキャップを被せてありますね。
この芯はばらさないで後でそのまま使います。

④頭の中に詰められた綿を取り除いて中をみると、あらボイン、ではなくて、目玉入れになっているんですね。(過去に見たビスクドールでは、頭の中に、じかに眠り目の仕組みがありました)


121114b

⑤手足の綿も全部出して手足を洗います。
ぬらしたガーゼに石けんを付けて手足をこすり、ボディの布は石けんでもみ洗い。してよーく濯ぎます。

⑥手足それぞれを糸で括って、小物干しにつるして・・手足の中の水分がたまらないようにと。

⑦顔、石けんやガーゼ、三角綿棒で汚れ落とし。
左こめかみあたりからの青いシミは薄くなったけど、落とすのはこれが限界かと。
口の中の汚れを、綿棒でがんばったら、フチの口紅が取れてきて。
ヘアは歯ブラシで梳かします。

⑧取りだした綿はいったん洗濯ネットに入れて洗って干しました。それを詰め直します。

121114c

⑨綿を詰め直して、完成間近。
首をはめて結束バンドで留めて(結束バンドは新しくしました)、バンドの余分は断ち切って切り口をヤスリ掛け。
勢いに乗って作業をしてしまったので、足の綿が少なめでした。ま、いいか。

⑩さっぱりしたでしょう。よかったね。

お隣にいる小さいベビーは娘達の時代の子。これもバラしてクリーニング。手足を繋ぐゴムを引き直しました。

追記
金髪のベビーですが、背中に読み取りにくいマークが入ってます。ルーペで見たり・・
121114shiba

ミルクのみ人形みたいな形の下に文字があるようです。「S・・・A」。「シバ」かな。
ネットで見た人形の背にやっと同じマークをみつけて「シバ製作所」だとわかりました。

|

« ナミアゲハ全部蛹になっちゃった | トップページ | 赤ちゃん人形クリーニングと修理1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/56148750

この記事へのトラックバック一覧です: 人形のちいぽぽちゃんクリーニング:

« ナミアゲハ全部蛹になっちゃった | トップページ | 赤ちゃん人形クリーニングと修理1 »