« 武蔵野S町物語 | トップページ | チックに似た白猫 »

2012/05/11

書く道具

筆圧が強いせいかシャーペンだと芯を折ってばかりで、プツと折れた芯が、時にはどこかへ飛んでしまうと、もう、ストレスです。
筆はやっぱり選びましょう。

シャーペンは近年、ぺんてるの製図用シャープ「グラフギア1000」にしたら相性が良いようです。
芯は0.9mmと最近は0.5mmの芯も使い始めました。快適。

ところで、4月28日の読売新聞「時の余白に」で「大人の鉛筆」という筆記具を知りました。

シャープペンシルというか鉛筆型芯ホルダー。芯は2mm。
北星鉛筆」さんの製品です。
書き味を試そうにも最寄りの文具店、スーパーには見あたらなくて、こうなりゃ通販でしょうね。
ネット通販で、「大人の鉛筆」に「芯削り」濃さを選べる「替え芯3組」がついたセットで1000円。送料無料というチャンスをみつけました。軸は藍色を注文。連休が明けて届きました。
120510otonanoenpitu1
芯はすでにBが入っていて、書いた感覚は「鉛筆」。危なげなく、遠慮無く描けます。筆記用具のお気に入りに仲間入り。

この鉛筆のパッケージは屏風畳みになっていて、広げるとメーカーのメッセージが書いてありました。
120510otonanoenpitu2
大人の鉛筆がロングセラーになるといいな。

|

« 武蔵野S町物語 | トップページ | チックに似た白猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/54681659

この記事へのトラックバック一覧です: 書く道具:

« 武蔵野S町物語 | トップページ | チックに似た白猫 »