« 恵方巻 | トップページ | 今年も金柑の実が »

2012/02/04

湯たんぽ

ついに、湯たんぽを買い求めた。
120204yutanpo
昔ながらのブリキ製の。
お湯を入れてカバーに入れて、もう1枚タオルでくるんで抱えてテレビを見たり、本を読んだり。もちろん布団の中にも持ち込みます。
低温火傷に注意しないとね。猫をアンカ代わりにしていたときは火傷なんて心配がなかったなあ。

|

« 恵方巻 | トップページ | 今年も金柑の実が »

コメント

あ〜解ります〜〜
ラグニャンは抱っこが嫌いな子でしたが、いつもくっついてくる子でした。
暖かいのと一緒に、眠くなる魔法もかけてくれるから、
枕元です〜す〜と言う寝息を聞いてると、
朝はウッカリ2度寝〜なんてことに!!
懐かしい思い出です。
もし、ムートンとか厚手の毛布等の天然の毛の素材があったら、
それで湯たんぽ袋を作ると、軟らかい温かさになりますよ。

投稿: セシルママ | 2012/02/05 18:50

セシルママも猫アンカと暮らしてましたもんね。今思うと幸せな暖かさでした。
ムートン・・とっておけば良かった。
洗って思いっきり縮ませたセーターを解体しようかと。

投稿: 杏まま | 2012/02/06 09:32

fufu〜
セーターでしたら、お孫ちゃまの小さくなったのを熱湯で洗うと、
そのまま使えそうですね?笑
ムートン。。。そうなんです。意外と捨てちゃうのですが、
これがけっこう使えるんです。
小さな抱き人形を作ると、持ってるだけで暖かいし、
細長いクッションにすると、パソコン使用時の手首枕?になります。
アクロンとかで、普通に洗濯機で洗えます♪

投稿: セシルママ | 2012/02/06 14:04

ムートン、はあ もう切れっ端もない
わ。縮んだセーターがあるのが救い。

先週の木曜日に資源ゴミに出した中に、もっとフエルト化させたセーターがあったのだけど。
ふう にわか断捨離は私に向かない。後悔ばかり。

投稿: 杏まま | 2012/02/06 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/53896347

この記事へのトラックバック一覧です: 湯たんぽ:

« 恵方巻 | トップページ | 今年も金柑の実が »