« 季節はずれ | トップページ | ブルーベリーの芽 »

2011/11/14

フェアリーアイの花陰にいた

今日は、フェアリーアイの花が枯れた中にまだ色を残した分があるので、撮っていた。
レンズの方を向いてもらいたくて、茎を手にしたら「ん?!」

翅と足らしき形がチラと目に入った・・はず。
次の瞬間落ちた感じで視角から消えてしまった。
飛んでいった様子もなく。
翅に金色の部分があったんだけどなあ。

諦めきれずに付近の鉢を動かして探した。
もう一度フェアリーアイの花をよく見たら、いましたヨ。
111114kikukinuwaba
蛾ですよね。いかつくて地味なんだけど、
日が当たると翅の一部が金色に輝いてきれいです。
珍しい蛾ではないらしいのに、見るのはたぶん初めて。

調べると、「キクキンウワバ(菊金上羽)」だそうで。
幼虫は見ても殺してしまっていたかも。
すぐ近くに菊の鉢があるし、名前そのまんまの蛾。

|

« 季節はずれ | トップページ | ブルーベリーの芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/53243862

この記事へのトラックバック一覧です: フェアリーアイの花陰にいた:

« 季節はずれ | トップページ | ブルーベリーの芽 »