« なんと無防備な | トップページ | ふれあいまつり »

2010/10/16

優曇華の花

ウドンゲの花
3000年に一度咲く珍しい花だという。
101016udonge
でもこの「優曇華の花」は「クサカゲロウ」の卵なのだとか。
時々見るから別に珍しくない。
先日、明日葉の葉を摘んだら裏に1本みつけ。ならば近くにあるはずと思っていたら、ニラの花の茎に団体で咲いていました。

画像を拡大してみると、写っている黒っぽい虫が孵った「クサカゲロウ」のこどもなのでしょうね。これは初めて見ました。

|

« なんと無防備な | トップページ | ふれあいまつり »

コメント

へー、これを知らずに見つけたら大慌てするところでした。
ありがとうございます。

投稿: はた衛門 | 2010/10/24 07:35

昔、実家で母や叔母が騒いでいたことがありました。

ウィキペディアの受け売りだと、実在の植物を示す場合、伝説上の植物を指す場合、昆虫の卵を指す場合 があるのだそうですね。
こういうのって、調べてみるとちょっとミステリアスで楽しいです。
「ケサランパサラン」を思い出しました。

投稿: 杏まま | 2010/10/25 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/49782757

この記事へのトラックバック一覧です: 優曇華の花:

« なんと無防備な | トップページ | ふれあいまつり »