« 青虫時代をせいいっぱい | トップページ | 蛹になるとき心配だった5頭目は »

2010/06/13

蝶 明暗

ナミアゲハ今年の1期生
11日に続いて12日にも2頭が飛び立ちました。これで4頭です。

1期生最後の1頭の蛹は、まだ。
前蛹になるとき、飼育箱の天井で本体とフタにまたがって位置を決めてしまった子で、どうしたものかと悩みましたよ。
そしてフタを動かしたときにお尻の糸が外れて浮いてしまったのです。
前蛹になったお尻が固定されていないので、胴体を支える糸だけでは蛹に脱皮するときには墜落すると予想しました。
ティッシュをくしゃくしゃにして、牛乳パックの下の部分を使った箱の中に敷いたものを飼育箱にガムテープで止めつけ、墜落に供えました。

朝起きたら、案の定蛹になってティッシュの中にいました。
しばらくはティッシュごと転がしておきましたが、何日か経っていつもの手作り蛹ポットに移しました。
無事に青空を舞う蝶になってくれるでしょうか。

別の飼育箱の2期生2頭目については、やっぱり変色して青空ではなく天上で舞うことになったのです。

しばらく静かだったツマグロヒョウモン、今日は2頭の幼虫が姿を見せました。

------------
画像追加 2010/06/14

100612nami1

12日に飛び立っていった子です。
背景に移っているアンは全く気にしていない。
お外に出られて嬉しいだけです。
------------

|

« 青虫時代をせいいっぱい | トップページ | 蛹になるとき心配だった5頭目は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/48619672

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶 明暗:

« 青虫時代をせいいっぱい | トップページ | 蛹になるとき心配だった5頭目は »