« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/27

ヤマホロシとツルハナナス

5月22日に書いたヤマホロシ
購入するとき「ヤマホロシ」とあっても、本当は「ツルハナナス」だったりするらしい。
うちのもそうかな。
「ツルハナナス」だとしても、涼やかな花の色姿に似合わず、日に日に生い茂っていく。ツルを誘引・・なんて悠長なことを言っていられなくなってきた。きっと鉢から根を伸ばしてしまったのでしょうね。
ゴーヤの領域を確保しなければならなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

今年最初のアオムシたち

5月21日に「イナバウアー」していた幼虫のお仲間は、翌日5齢のアオムシに脱皮して現れました。5頭は確実。
食欲旺盛、これから蛹になるためにラストスパートだものね。

100525nami5rei
虫嫌いさんはクリック厳禁ね


食糧難でお隣の金柑の木に移住したら申し訳ないので、4頭は飼育箱にいったん収納。
しかし、よく食べるわ、ほんとに。
離れた鉢で生まれた1、2齢のは小さい今のうちにルーと山椒にお引っ越ししておいた。
いえね、よくはわからないけど、レモンやミカンの葉で育ってきた子は、大きくなってからルーや山椒に変えるのが嫌だったかもしれない。もちろん未確認なので言い切れないけど、食草に好みとか慣れとかがありそうです。

今年も一度でいいからクロアゲハの産卵を待っているのです。
それまでレモン、ゆず、ミカンなどの葉を温存できるかなあ。

この間立派なクロがゆったり飛来したけど、撮りそびれました。

追記 2010/05/26 朝
飼育箱の中の葉が少しになったので、夜中にルーと山椒の葉を追加しておいた。
どうなるかな。
そして今朝、ルーと山椒の葉はきれいに平らげられていて、柑橘の葉の破片を1頭が占拠しているところでした。
そこで柑橘やルー山椒の葉を置いてみたら、食べ始めたのは柑橘の葉でした。
柔らかさが食べやすいとか、お腹がすけば種類は問わないとかあるのでしょうか。

(あくまでも我が家の食草ピンチ時の、配分のための覚え書きです。レモンやミカンなどどれかわからなくなるので、まとめて柑橘としています)

あ、1頭が前蛹になる準備に入っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/22

涼しげなこの花はヤマホロシ

100521yamahorosi_2
涼しげなこの花はヤマホロシ。同じ株から白花と薄紫の花が咲いています。 フェンスに這わせていますが予想以上の成長ぶりにびっくり。

他にも5年前に書いた白だけの株がありますが、そちらはあまり伸びなくて。
どうしたんでしょうね。

追記 お店で「ヤマホロシ」と表示があっても「ツルハナナス」だったりするそうで、うちのも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/21

暑い日はイナバウアー 

100521nami2
ムシ嫌いの方は画像クリック厳禁です。 キモ可愛いのだけどねえ。

暑い日は 葉っぱの上でこんなポーズを見ることがあります。
これはナミアゲハのお子さん。
このままじーっとしています。
何匹かいる仲間の姿は見えません。
この子も葉陰で涼んでいればいいのに。

100521nami1
3時間後、昼過ぎです。 いよいよ上半身が持ち上がっています。 どういうつもりなんでしょうね。

夕方見たらいつもの姿勢で葉の上に乗っていました。
お疲れさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/19

ハオルシアの花

100518haorusia1
くもり硝子のようなハオルシアが開花を始めています。 花の茎を伸ばしながら順に咲いていきます。 窓辺に置いていたのでもしかして徒長気味なんでしょうか。 小さくて地味な花です。黒い鉢の高さが7.3センチほどです。
100518haorusia2

でもこうしてよくみると、緑色のラインが入って、小さいながらもやっぱり美しい世界なんですよね。クリックしてみてね。

100518haorusia3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/13

ゴーヤの種

100513goya1
今年も緑のカーテン準備中です。懲りないね。

ゴーヤの種の突起をカットして、水に浸してありました。
ハードル1 クリア
水を切らさないように、かびさせないように水を換えながら。
今年はうまくいきました。

ハードル2 クリア 
種をカットしたところから根が出てきたのを見つけたら、ジフィーセブンに埋め込みます。
去年は、ここでそのまま置いたら、出てきた根が溶けてしまって、やり直し。
ジフィーセブンを見たら、早いのは殻が割れ始めています。

でも苗として成長していくまでに超えなくちゃならないハードルが
ナメクジが出没するし、水切れもあるかもしれないし。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビオラソロリア アルビフローラ

100513violasiro
宿根ビオラの白い方

宿根ビオラ ソロリア アルビフローラ

プリセアーナより紫色の部分が少ないでしょ。
もっと真っ白のもあるみたいなのですが、うちのはちょっと紫が入ってます。

100513violasororiaha
昨日のビオラ ソロリア プリセアーナの葉っぱです。 大きいのを選んで測ってみました。 これを見ると、在来種のスミレさんは儚げに思えます。

「ビオラ ソロリア」のことを「アメリカスミレサイシン」ともいいます。

いつもの古いコンデジNIKONで撮っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/12

ビオラソロリア プリセアーナ

100512violasororia
宿根ビオラ ソロリア プリセアーナ

宿根ビオラなんていうのがあるんです。
これは白地に紫色が入ります。外来種で丈夫なようです。葉が大きく育っています。
こぼれ種が一緒に来たのでしょう、鉢の中に小さな芽がいっぱい出てきました。

ほかの鉢に白いのが咲いているのですが、蝶よけにネットを被せていて、花がイマイチなので、白色はまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

また!登場ですキュウリグサ

100508kyuri
2-3ミリの小さなこの花を少しでもハッキリ撮ってみたくて。 実はこのあと、鉢植えにしたら元気をなくしてしまっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虫眼鏡レンズ

 花の写真などを撮っていると、撮ってみたくなるのがクローズアップ。
コンデジでダイヤルを合わせればお任せで撮れることは撮れるのだけど、もう一歩遊んでみたかったりして。

そこで、一眼デジのレンズの前に虫眼鏡を当てる方法を知って、虫眼鏡を調達することにしました。
しかも100円ショップの丸形スタンド式ルーペがちょうどいいそうで、1個105円の投資ならやってみる気になります。

「レモン」にあったスタンド式ルーペは角形でした。
持ち手が1本の虫眼鏡よりは扱いやすいと思いましたが、そのままではカメラのレンズに取り付けられません。

丸形のは「ダイソー」か「キャン・ドゥ」系にあるらしい。
1件目のダイソーに並んでいたのも同じく角形。キャン・ドゥでは大きめの角形がありました。あらあ、丸いのは廃盤でしょうか。
回り道をして2件目のダイソーに、ありました、丸形スタンド式ルーペ55mm。プラスチック製スタンドの輪の部分をカメラのレンズの筒状部分にはめて使います。
短いレンズ用にはスタンドを短く加工することになります。

しばらくこれで遊んでみます。

100509lens

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

キュウリ草

100430kyuri_2
家の雑草が生えているほんの少しのスペースに、いつのまにか生えてきた「キュウリ草」。 勿忘草に似た水色のこの小さな花も、梨木香歩さんの小説「西の魔女が死んだ」に登場するのでした。それも西の魔女=おばあちゃんからのメッセージが見つかる、大変印象深い場面で。 でも我が家のこの場所はタイヤとニアミスまたは..の恐ろしい可能性が大。 どこに移動願いましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »