« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/22

ブルーベリーが咲いてレモンもハオルシアも蕾が

100422blueberry_2
気温もお天気も変化が激しすぎて、日替わりで四季が巡っているかのよう。 それでも植物たちは忘れないで春を迎えています。 ブルーベリーが咲いています。虫さんたち来てくれないかな。

レモンの蕾が付いて、ガクアジサイの蕾はすでに葉の中に潜んでいます。
去年咲かなかったサボテンにも蕾が付きました。
これからしばらく楽しめますよ。

100422haorusia2
そして、キッチン窓に置いたスリガラスのようなハオルシアにも兆しが、気がついたのが昨日。見る度に茎が伸びている気がします。今のうちに撮っておこう。 この茎がヒョローンと伸びて地味な花を咲かせるんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/18

モモどうしているかな

孫の2歳児はいまだに猫のモモがいなくなったことをよくわかっていません。
「猫ちゃんは?」とききます。
モモに天使の羽根が生えてから、かれこれ2ヶ月になります。
モモは天使修行は進んでいるのでしょうか。
そよ風になってふっと現れたり、星になって瞬いたり。もしかして雪になって舞い降りたりも。
忙しいのでしょうね。

モモの写真や画像はたくさんありますが、描いたものを残したいと思っています。

最寄りの文具店で色鉛筆が揃わなかったので、志木の画材屋さんでと思ったら新座に越してしまっていました。他にも要るものがあるのに。
こうなったら通販でと、他店のオンラインショップを見たら、色鉛筆のバラ売りもしているので助かりました。

マリーの時がそうでした。描くことが心のリハビリになったし、描くというより描かされている感じでしたもの。
今落ち込んでいるわけではありません。なんだかモモが描いてみてと勧めているような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/17

今年初ツマグロヒョウモン蛹

100417yuki
麻目を覚まして、またウトウトと。 2度目に、やっぱり起きようとブラインドを上げた時、目に入ったのはベランダの雪。季節外れの雪にハッキリ目が覚めてカメラを手に外へ。

前日の天気予報で雪だるまマークがついていたのが当たったのだ。まさか~と思っていたのに。

100417tumagurosanagi
寒さで玄関に取り込んであったブーゲンビリアの鉢をよくよく見たら、あらら、ツマグロヒョウモンの蛹がくっついていました。今年の初物(笑)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

長勝院ハタザクラ2010

100411hata1
今年も行ってきましたとも!「長勝院ハタザクラ」

お天気と、見頃と、休みの日三拍子そろってラッキーな日。
しかも午前、午後と2回往復して桜三昧。

100411hata2
午前中にいきました。旗弁はどこだと探しながら撮ります。 去年より見つけやすかったように思いますが気のせいかな。 空は・・青くないですね。

100411hata3
画像クリックしてご覧ください。

昼過ぎに家にいたら、友人からのメールが。
ハタザクラを見に来ているというので、久々に会いたいし、原チャでまたひとっ走り。
今朝よりもよく晴れて、自然のライティングでハタザクラも今朝とは異なった趣。
見物の人たちが増えていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/08

アンの脚すべりどめ対策

時々脚を痛めるアンですが、今のところ調子がいい様子。
でも玄関チャイムが鳴ればワサワサとやってくるし、ときには私について歩くので、そのあたりのフローリングの滑り止め対策を考えていました。
今更~ではありますが、やってみないとわからないしね。

試しにと(試しといっても決断までに時間がかかったのよ)ペピイに注文して届いたのがこれ。
ピタッと吸着タイルマット大判サイズ・ベージュ・12枚

100331an1
端まで敷き詰めるのもいいけど、歩く範囲だけでもいいかなと。 仮置きしてあれやこれや考えます。すでに自分のマットだと思っているらしいアン。


100331an2

姫様、気に入ったようですよ。

このマットは薄くてハサミやカッターで切れるし、掃除機をかけても動かないので扱いやすい。まだ試していませんが、洗濯機で洗えるのもメリットです。
まずは、いいかなと。

他にはスーパーなどで連結式のマットやコルクマットを見てまわりました。それは厚みがあるので玄関の上がり框になじみにくそうだったり、洗えなかったりするので、候補から外しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/06

カタクリとニリンソウ

カタクリもニリンソウも咲いているという。
やっとお陽気が良くなったので、公園へ出発。

100406nirinso

「ニリンソウ」は名前のように二輪ずつ花がついているのがわかりました。
柵の中に入れないので、柵ごしに、できるだけ近寄りました。


100406katakuri

同じ場所に「カタクリ」も。薄紫のは「スミレ」
木漏れ日に、みんな気持ち良さそうに咲いていました。
今頃がいいときなのでしょうね。

画像クリックで大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

鎌倉方面 植物編3

建長寺にて  4月1日

100401kencyouji
建長寺に着きました。

100401syakunage
「シャクナゲ」 これはまた、鮮やかな色ですよ。


100401mokuren

「シモクレン」は大きな木でした。これは一部です。

建長寺では「ビャクシン」の古木を見ました。
高齢の大木と言えば八幡宮の大銀杏が気になって。

鶴岡八幡宮にて

100401turugaoka
鶴岡八幡宮の「大銀杏」は先月根本から倒れて、今はこんなかんじです。 (この写真を撮った翌日のテレビで、芽が出てきたと言っていました)


100401kamakura

源平池の桜。こちら側は源氏池というようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

鎌倉方面 植物編2

東慶寺にて 4月1日 続き

100401boke
「ボケ」


100401oobabenikashiwa

なんの葉?? と近付いて。鶏のとさかではなくて「オオバベニカシワ」。
赤いのは葉で、下のぼちぼち白いのが花です。


100401ikariso

なんでしたっけこのつんつんしたの・・そうそう「イカリソウ」


100401kasiwaba

「カシワバアジサイ」とあったと思います。ちがうかな。
新芽が初々しく。


100401syokassai

紫色は「ショカッサイ」
東慶寺はかけこみ寺でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/02

鎌倉方面 植物編 1

北鎌倉の東慶寺にて 4月1日

100401sidare
「しだれ桜」


100401baimo

「バイモ」


100401mitumatasiro

「ミツマタ」白

100401mitumataaka
「ミツマタ」 赤いのがあるのですね。 紅白の「ミツマタ」なんて、おめでたい感じです。 柵の中なので届かないなあ。


100401siro

これは「白桃」。
青い火鉢に植えて、いえ、たぶん生けてあるのです 。
全体像も撮りましたが画像はこちらの方を。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

鎌倉方面へ  食べ物編

100401engakuji
湘南新宿ラインを北鎌倉で降りて、まずは円覚寺参拝。 穏やかな日です。
100401kenchinzen
お昼は横須賀線の線路を渡って「かまくら陶芸館」へ。 1階が陶芸のお店、2階がお食事処になっています。 ここのお食事メニューは「けんちん膳」のみ。 本日のメンバーは9名、デザート無しコースで予約は入れておきました。
100401menu
本日の食材がお店の外に表示してありました。 けんちん汁と、むかご入りのご飯です。 「かまくら陶芸館」 鎌倉市山ノ内1385-3 http://mukago.cool.ne.jp/tougeikan/

東慶寺、建長寺とまわってからバスで鶴岡八幡宮へ向かいました。

100401domingosu
午後のお茶は、小町通りの「ドミンゴスさんのコーヒー」に寄りました。 「ドミンゴスさん」とはオーナーがブラジルで暮らしていたときの呼び名だそうです。同行の皆さんはコーヒーとケーキなどセットを楽しんでいましたが、私はアイスコーヒーにしました。
100401domingos2
あ、アイスコーヒー撮り忘れ。 また行きたくなるお店です。今度はホットもと思います。 「ドミンゴスさんのコーヒー」 http://ishonan.com/domingos-coffee 鎌倉市小町2-10-1 UNICON鎌倉ビル2階


100401hannari

みんなにつられて私も買って帰りました。
「はんなりいなり」
揚げで黒ごま入りのご飯を巻いてあります。
仕上げの一口はカラシ醤油で、っていうの、面白いなと思いました。
はじめからカラシ醤油で食べました。
http://www.maru-han.co.jp/

おいしいスポットはまだまだまだまだあるので、それはまたの機会のお楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »