« シジミチョウの卵 | トップページ | 今年初めて見たキアゲハの幼虫 »

2009/07/03

アゲハ蝶巣立ちの時は別れの時

クロアゲハのクロ大ちゃん、蛹への変身を見せてくれたのが6月19日。そろそろ羽化しても良さそうなころ。

なにしろクロアゲハ唯一の越冬蛹はついに羽化することがなかったから、今度こそと、それこそ蝶よ花よと箱入りそのもの。

090629kuro_daisanagi
緑色ではなく枯れ葉調の蛹になったため、わかりにくいけれど、黒くなってくれば分かるはず。

一昨日くらいまで上部は黒っぽくなってきたが、胴のあたりから尻尾まで色は変わらず、そんなものかな、急に色が変わるのかなと思いながら、蛹ポットに移しておいた。
蛹をそーーっと持つと元気に尻尾を動かすので、ちゃんと生きている。

090703kuro_daisanagi2
今日3日の朝、蛹を見たら黒くなっていた。 完熟という感じで。 いよいよかな。 飼育箱に入れて出かけた。 10時ころ帰宅してもまだ蛹のまま。
090703kuro_dai1
・・っと油断して目を離し、昼前に気がついたら、すでに全身抜け出して、翅が伸びるのを待っていた。 写真を撮って、割り箸に留まらせたまま飼育箱の中で羽根が伸びきるのを待つ。左目に何かが付いているのか傷が付いたか。
090703kuro_dai2
買い物から戻ると、羽根を広げていた。 いよいよ出発できるかな。 箱の中で暴れ回る。翅が痛むよ。

記念写真もそこそこに飛び立っていった。

|

« シジミチョウの卵 | トップページ | 今年初めて見たキアゲハの幼虫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/45528789

この記事へのトラックバック一覧です: アゲハ蝶巣立ちの時は別れの時:

« シジミチョウの卵 | トップページ | 今年初めて見たキアゲハの幼虫 »