« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/27

今年最初の月下美人満開

090627gekka1
ゆうべ咲いた、今期最初の月下美人の夜中の画像です。 今夜は別の鉢で3輪です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アゲハ天敵攻防戦

090627nanisanagi
24日の記事で身体に水滴を乗せてくつろいでいた画像のナミの子がルーの葉に付いて前蛹になりました。それをちゃんと嗅ぎつけたかのように虫(アオムシコバチとかいうのでしょうか)が取り付いています。追うくらいでは逃げないし、しつこかったです。鉢に野菜ネットをかぶせても進入してまた取り付きます。 前蛹をルーの葉付のまま割り箸にセロテープで止めて、鉢に立てて玄関内に置きました。 夜に気がついたら、蛹になっていました。コバチなどに産卵されていないといいけど。もし産卵されていたら恐怖です。
090627namiao
山椒にいたナミ5齢の子もアオムシコバチかなにかにストーカーされないように、ネットごと玄関に入れました、 前蛹になりそう。

※野菜用袋ネットは前蛹になる前の徘徊防止や、アシナガバチなどの誘拐防止には有効だと思うし、5月にはそれで間に合っていました。
でも編み目からコバチに侵入される経験をして、100円ショップで目の細かい洗濯ネットも用意しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レモンの苗でクロアゲハらしい幼虫

090627kuro2
今朝はレモンの苗でみつけたクロアゲハらしい幼虫2頭を、葉ごと飼育箱に入れました。やや大きい方は24日に孵化した幼虫と同じくらいの大きさです。小さい方は孵って間もないのかな。 この小さい方がじっとしていなくて、頭を振り振り、ピントを合わせる間に位置を変えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しみじみきれいなシジミ蝶

090627sijimi2
ギボウシの葉に止まっていたシジミ蝶。 まだ傷んでいなくて翅がきれいです。
090627sijimi
アップで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

月下美人開花中

今夜、ただ今月下美人が開花中です。
いつもの大鉢の今年のトップは一輪、何ヶ月ぶりかの芳香を漂わせています。
(画像後から)
明日以降には中鉢のが1、2輪ずつ蕾を付けているので、また見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

ナミアゲハ幼虫が襲撃される

蜂が飛び回っている。アシナガバチ(風)
目の前のルーにいたナミアゲハの2齢ほどのを狙って捕らえたのか刺したのか。幼虫のオレンジ色の触覚を見て思わず私はルーを叩いたのか揺すったのか、自分でも覚えていない。
蜂は離れて、幼虫は墜落。蜂が戻らないうちに、幼虫をクロアゲハの箱に避難させた。もう1頭も一緒に。
どうやら死なないですんだようだ。

やっぱりね、放っておけないで、手出しをしちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のカーテン2009年版

「ゴーヤがね、しつこいのよ、絡んできて」
ツルに巻き付かれたハイビスカスの蕾が迷惑そう。
「支柱が短すぎるんだもの、どっちへ伸びたらいいかわからないんでね」とゴーヤ。

いよいよポールを組んで、ゴーヤネット張りをするかと、作業を開始。
緑色のネットは3年目。ポールは去年買い足して240cm2本、210cm4本、180cm数本、他に短いのがあるからなんとかなるでしょう。麻紐は未使用のがあるし。

あんまり暑いので、たびたびポカリや水分を補給しながら、昼前から夕方まで。しばらく一緒にいたアンは、暑くなってきたので屋内に入れた。

ポールを組むのに今年こそと、「いぼ結び」を試みたものの、またまた挫折。練習時間は1年あったはずでしょ。

2個のプランターから、4本のポールに結んで立ち上げたネットを、2階のベランダから垂らしたネットと繋いだ。
ゴーヤがどこまで伸びるか。伸びなかったら装置ばかり大げさな分恥ずかしいので、ガンバレ4本のゴーヤ!

門の脇の2本のためには、長さ210cmのポール2本にネットを張った。あとの作業は後日。

張り方が・・・雑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

アゲハの卵1齢幼虫に

090623agehatamago
脚立の陰のレモンの葉裏に卵を見つけていた。 色が部分的に変わってきて、中は成長しているらしい。 この前のナミアゲハの時より黄味帯びている感じ。(画像はクリックで大きくなります)
090623agehatamago2
雨になる予報だったので、夕べは葉ごと切り取って小さな飼育箱に入れた。 蓋は開けたまま玄関へ。


090624ageha1rei

今朝起きてみたら、いない。卵の殻は跡形もなく食べてある。
箱の中を見回したら、飼育箱の途中まで登っていた。
生まれたてのチビさんでも葉を離れて想像以上に移動するのですね。
つぶさないように山椒の葉に誘導しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨 黒法師が被害に

090624namiao
雨 家の中では人も犬も猫も、なんとなくじっとりシ~~ンとしています。 外にいる幼虫たちは葉陰に潜んでいるのや、水滴を背中に乗せてぼんやりしているのや、思い思いにしているようです。
090624kiyoutyu
菖蒲の鉢を見下ろしたら、見慣れないのが1人。薄橙色の毛虫。
090624kurohousi
多肉植物の「黒法師」が食べられているな、糞が多いなと思ってよくみると、葉の隙間にいました!また違った種類の毛虫が。 この黒法師の画像には写っていません。食べられた跡だけですからご安心を。 多肉植物は他にもたくさんあるのによりによって黒法師にくるなんて! そういえば身体が黒っぽい毛虫だから目立ちにくくて良いのかな。 ネットで食草調べをして引っ越し願いたいのですが、蛾のサイトは苦手です。

きのうはスズメガのイモムシにも遭いましたし。はあ・・いろんな虫が来ています。

なにかの拍子に触れて、かぶれるなんてことが無ければ外にいてもらっても構わないんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

今年のツマグロヒョウモン

今月19日の記事に書いたモンシロチョウ(追記:orスジグロシロチョウ?)の幼虫ですが、1頭また1頭と見えなくなりました。
大急ぎで蒔いた葉大根が発芽しそうだというのに。

090622tumaguro
パンジーとビオラがまだいくらか残り、野生のスミレは去年せっせと種まきしたり植えた株があります。雨の合間の夕方、黒っぽい姿が目に入りました。ツマグロヒョウモンの幼虫です。気づかない間にここまで育っていました。 1頭ですが、そのうちワンサと現れるのかも。

ルー、レモン、山椒の葉にナミアゲハの1齢から青虫までいつのまにか増えています。クロアゲハの1齢らしいのもいましたが見失っています。
今年はまだ全くキアゲハの幼虫をみかけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/20

クロ大ちゃんクロ小ちゃん

090620kurosanagi
画像はクリックで大きくなります そして19日に蛹になったクロアゲハのクロ大ちゃんは茶色系の蛹になりました。
090620kuros
チビさんだったクロ小ちゃんも20日の時点で4.5cmを超えています。

15日の記事に書いた頂き物のナミアゲハ。今日巣立ちました。大きめの子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/19

ついにモンシロチョウも?

090616monsiro
よくモンシロチョウがたずねてくる。(追記:この蝶はスジグロシロチョウだったのでしょうか) 家には花はあってもモンシロチョウの産卵によさそうな植物はなくて、ごめんねと見ていた。 唯一アブラナ科といえば、春に買ったベビーリーフ1ポットががそうかもしれない。花がそんな感じだったから。 かんじんの蝶さんは気がつく風もない。
090619monsiro1
ベビーリーフはポット植えのまま、葉をあまり食べないうちに虫に喰われて、種はできていたので採る予定。 よーく見たら細長い余分なものが。 もしかしてこれはモンシロチョウの幼虫さん? 2カ所に2頭くっついている。

ベビーリーフの名前を調べたら「レッドアジアンマスタード」やっぱりアブラナ科で、新芽はわずかにあるけど、餌としては絶対に足りない。
って飼うつもり?? ・・・
モンシロチョウは飼ったことがない。市販のキャベツの農薬は大丈夫かな。・・・その気になっている私と、あきれている私と。

*2009.6.23.追記:この画像のチョウはもしかしてモンシロチョウではなく、「スジグロシロチョウ」でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロ大ちゃん無事蛹に

クロアゲハ、クロ大ちゃんが蛹になる様子です。画像はクリックで大きくなります

090619kurozenyo3
前蛹のお腹側が、青い蓋から更に離れてきています。 もう脚でつかまっていないで、自分がはき出した糸で付けた尻尾の先と、張った糸だけに支えられています。
090619kurozenyo4
皮の緑色があせてきて、ぴくっと動き出しましたので、 見守ることにします。 皮が徐々に下へとずれていきます。前蛹がいきむようにするのでこちらも「うーん ガンバレ」と、お産みたいです。デジカメに着いている動画機能は30秒。一応撮りましたがアップはしていません。
090619kurozenyo5

蛹らしい角(?)が現れて、更にウンウンやっているうちに、皮は下の方に行ってしまいました。


090619kurozenyo7

下に寄った皮から尻尾の先が出て、皮を前に寄せて身体をくねらせると、皮はポロリと落ちます。


090619kurozenyo6

脱皮したてホヤホヤの蛹。まだごつごつとして未完成。
これからもピクピクもぞもぞ動いてイナバウアーを目指します。

前蛹から蛹へ、ほとんどの流れを見たのははじめて。それもクロアゲハだなんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロアゲハクロ大ちゃん

090617ageha2y
6月17日朝7時頃 クロアゲハ兄弟が箱の角でうまく近くに揃ってくれたので記念撮影。 シャッターチャンスに「後で」の文字はないです。 このあと大きいほうの青虫(クロ大ちゃん)はじっと動かなくなって、その後暴走をはじめました。 大食漢だったのが、葉っぱに見向きもしないで動き回るのは前蛹になる場所探しでしょう。 飼育箱の蓋を外して大きい飼育箱に入れ子にしたので、行動範囲が広がりました。敷いたキッチンパーパーには、ほとんど水様の糞がありました。
090618kurozenyo1
6月18日朝7時過ぎ クロ大ちゃんが前蛹になっていました。 クロ小ちゃんはだれにも気兼ねなく山椒の葉を独り占め。 これからラストスパートで何処まで大きくなれるか。  クロ小ちゃんの画像がないです。
090619urozenyo2
6月19日朝7時過ぎ クロ大ちゃんはまだ前蛹のまま。 でも、変化が。胸の前あたり、矢印のところが青い蓋より離れて、背中が丸まってきています。 お祈りしているような感じになります。 皮に水気が無くなってきていますし、そろそろ蛹に脱皮するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/16

クロアゲハ2頭それぞれ

090616ageha1
2頭いるクロアゲハのチビさんの方も、やっと今朝終齢の青虫になっていました。小さいです。 きのうからあまり動かないな、そろそろ終齢に脱皮するかなと思ってそっとしてありました。
090616ageha2
大きい方は食べる速さも量も違います。出る量も。 画面にあるポリの水入れは、切り花などに使われているもの。餌の葉っぱを挿しておくと、ぎりぎりのところまで食べてしまいます。

そして外では

090616ageha3

スミレの葉にいるのは、ツマグロヒョウモンではなくナミアゲハのお子さん。一緒に植えてある食草のルーから家出した?
休むときは、囓った跡がある葉ではないところに、いるのだそうです。食住が別?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/15

いただいたナミアゲハ

090615namisanagi_2
近所から青虫のときにいただいて、まもなくレモンの木で蛹になったナミアゲハ。レモンの木の葉の色のようにきれいな緑色です。蛹ポットに入れる前に身長を測ってみました。 3.4cm弱。 画像はクリックで大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

羽化間近のナミアゲハ蛹そして

090613ageha1
この2頭の蛹は蝶の模様が透けて見えて羽化が近い。
090613ageha2
翅の模様までわかるほど。
090613camera

今か今かとカメラをセットして待つ。
でももう出かけないと。
飼育箱に戻しておいた。

090613ageha3
昼過ぎに帰ったら、案の定どちらもすでに割り箸に止まっていた。 向かって右の9号は青虫時代大柄な子で、レモンの木で蛹になったのを蛹ポケットに収容した子。 屋外生活が長かったため、寄生されたりしていれば蝶になれずにそれっきりかもと思っていた。 左の8号(?)は枯れ葉色様の小さめの蛹だったので、羽化間際まで安否の様子がわかりにくかった。

羽化に立ち会えなかったけど無事に飛び立っていった。

画像はクリックで大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/12

目黒雅叙園

今日のランチは「目黒雅叙園」クラブラウンジでランチブッフェ。
いつもの数人で集まるとき、バイキング形式の方が好みや量を気にしなくてすむ。
そして、その日はダイエット魂を無視してしまう。
お皿に取らなかったのも多々あったのに、お腹はいっぱい。

雅叙園は豪華なトイレも見どころの1つときいていた。入ると漆塗り螺鈿細工の壁面。内部は水が流れ太鼓橋があったりする。
遠い遠い昔、母が「トイレが(便器の周り?)ガラスで金魚(だか鯉だか)が泳いでいたのよ」というような話をしていた記憶がおぼろげながらする。話だけでは想像さえできなかったし、忘れていた。正確な状態はどうなのかわからないのだけど、今日のトイレを見たら、母が言っていたトイレも「有り」だと思えた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/11

クロアゲハ身長測定

090611ageha5
風があったけど羽化したナミアゲハ5号も飛び立っていった。
090611kurol
さて、こちらさんクロアゲハ終齢。ただいま4.5cmほど。 レモンの葉に加えて、山椒の葉も食べ始め。それが「ハイ 次っ」とばかり食べてゆく。
090611kuros
さて小さい方はやっと2.5cm。少し大きくなっては、いる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

今度こそクロアゲハが終齢に

今年は3齢くらいまでしか育たなかったクロアゲハ。
昨日飼育箱の中でクロアゲハが1頭、終齢(5齢)の青虫になるところを途中から見ました。
1齢幼虫で見つけた場所と時期からすると5月18日にブログに書いたクロアゲハの子どもの可能性が大です。
青虫になって、レモンの葉を食べる量とスピードが一段と増しました。

090610kuroageha

それにしてもはじめは同じ位だった2頭なのに、大きさの差がありすぎです。2頭ともレモンの葉育ちなのが、ルーの葉と山椒の葉を入れてみたら小さい方は山椒の葉を気にしないで食べますし、ルーもちょっと囓っています。

蛹ポットのナミアゲハは、5月27日に、転がったまま蛹への変身を見せてくれた幼虫が、今日は何事もなかったかのように羽化。
蛹6号、4号も羽化して、今日は3頭が飛び立っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

月下美人の蕾がついています。大鉢にも小さい鉢のにも。

冬の間玄関に置きっぱなしだった大鉢は、快復が遅く感じたけど、元気な小さい鉢のと同じ位の蕾。

そして、咲かないとボヤイテいたアガパンサス2鉢とも、今年は蕾をつけました。

カラーが今のところ1輪復活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーヤの苗を植えました

小さいながらツルが伸び出したゴーヤたち。
プランターを2個並べて掃き出し窓の前に4本植えました。

路地植えはしない予定でしたが、そこしか場所がなく、よく掘り返し、土を盛って2本植えました。

コンパニオンプランツとして、マリーゴールドのアフリカントールも一緒に植えています。ネコブ線虫対策に良いらしいです。

というわけで、今日は植え替えやら鉢の移動やら。
支柱とネット張りは後日ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

羽化に失敗した3号が

今朝は良く晴れて蝶の羽化日和。なんて、あるかどうかしらないけど。
こんな気持ちの良い朝は飼育箱暮らしでなく、気持ちの良い外に出してやりたい。
ポカリスエットを含ませた綿付綿棒で、3号を箱から誘い出したところ、口は伸ばしているものの飲んでいるのかわからない。それよりも激しく羽ばたくのに夢中。飛びたい一心で力を試しているのだろうか。「飛べるよ、見て!外に出して」とアピールしているのだろうか。

少し飛べるのかな。玄関の内側で飛びそうになっては隅に墜落。隅っこにはさまってしまったりで、その度に救出すること3回。
今までにも羽化して2日後くらいに飛んで行ったのがいたっけ。

でもねえ、あなたは片方の翅の先が無いし、少し縮れてる
の。外はカラスの声がするし、猫は歩いてる。試したとたんに虹の橋の彼方に飛んでしまっては育ての親としては納得いかない。

しかし、翅がボロボロにいたんだ蝶が花にやってくることがあるわけだから、少しでも飛べるのだったら出してみるか。
一時(いっとき)でもいい、朝の外気にゆだねてみますか。墜落したらレスキューしよう。

ドアの外に出たら危なっかしく飛んだ。
こりゃだめ・・・あ、あ、あ、夢中で飛んでる。

それが墜落しないで視界から消えた。
気をつけてね。精一杯生きるんだよ。
7時前。

しばらくして、フェンスそばのオリヅルランのランナーにつかまってバタついているアゲハ発見。
やっぱり墜落したのね・・・・ん?違うアゲハだ。翅がちゃんと揃っているから3号ではない。よその子。動画を撮ったりするうちに、そのアゲハも飛び立っていった。

そういえば2頭とも日が差す方に向かっていった。
そういうものなのかなあ、偶然かなあ。

翅が完全でない蝶が、どの程度飛べるのか、自然界の掟を破って手を加えながら、何が幸せなのかとか考えることと教えられることが限りなく多いです。
犬も猫も蝶も花も、日本語を話さない分、あらゆる方法で語ってくれているように思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/06

羽化に失敗した3号今日は

090606ageha
昨日羽化に失敗してしまったナミアゲハ3号です。 脱脂綿を巻いた綿棒を薄い砂糖水に浸して、目の前に持って行くと移ってきます。楊子で口を伸ばしてやって吸水を誘いました。なんとか飲めているみたいです。
090606agehaan
アンに見せたらアンはド接近してきて、こっちがびっくりしました。もしかして砂糖水のほうが気になった?

この蝶は古い飼育箱にランタナの鉢と一緒に入れています。蜜を吸っているのはまだ見ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重咲きペチュニア白

ペチュニアは沢山の色がありますが、かえって白に惹かれます。
白い八重咲きを今年は大小2種植えてみました。
画像は先月撮ったものです。

090518howaitobanira
ペチュニア:ホワイトバニラ


090518charming

バラ咲きペチュニア:チャーミングベルダブルホワイト
ホワイトバニラより小さい花が、頑張って沢山咲いています。


剪定した花付の枝を水を入れた容器に挿して小窓に飾っていたら、根が出てきた模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

ナミアゲハ明暗

ナミアゲハ明暗 2号3号

今年生まれの1号に続き、2号は飼育箱の中で未明に羽化したようで、5日の3時判過ぎには翅が伸びてひっそり留まっていました。
朝までそっとしておきました。

箱を開けると大暴れ。
外に出しても「お天気が良くないし、カラスが鳴いてるし、こんな日は蝶はお休みするものよ」と言いたげに、月下美人の茎に隠れて休んでいました。それでもいつの間にかいなくなっていました。仲間に会えるといいね。


土いじりなどして玄関に入ると、飼育箱の中で、また1頭羽化。が、異常、非常事態に。

翅は伸び始めているのだけど、片方に蛹の殻が着いたまま。このままでは片方の翅を伸ばせない。遅れは取り戻せるの?間に合うかな。
ハラリとはいかなくて、殻を持っても蝶は逃げる。
殻がフッと外れたものの嫌な予感。
少し翅が殻に残った様子。
左の前翅に透明な液体がチラッと見えた。漏れた? 左前翅は伸ばせない、きっと。
大空を舞うことはできないのです。
羽化中の落下事故は気にしていましたが、殻が付いているのは想定外でした。

割り箸に付けておいたラベルを見たら、この子は3号、蛹にくぼみがあったため、(×?)マークを付けてあった子ではありました。今朝の2号の大暴れで、飼育箱の底に落ちた蛹がいたけど、この子だったかも。殻の中で怪我をした?

完璧には伸ばすことができなかった翅を、今は閉じたり開いたりしています。留まっている割り箸を触ったらオシッコをかけられました。無傷だったならば、オシッコをして身体を軽くして舞い上がる準備をするのでしょうに。
落ち着いたら吸蜜を誘導してみます。一緒に暮らします。

これから数頭、羽化ラッシュになるはずです。

飛んでいる蝶たちは当たり前ではなくて、ほんとに幸運な生き残りなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/04

今年のナミアゲハ1号誕生(3)

今年のナミアゲハ1号誕生(3)2009年6月4日

090604ageha11
飼育箱の中で移動しています。そろそろ旅立つかな。 翅が傷つかないうちに、外に出して手に止まらせ、花に移しました。 美しいナミアゲハです。うん!

13時過ぎに私が目を離した5分ばかりの間に、もう姿がありませんでした。
しばらくして、10mほど離れた家の2階の前を、大急ぎで飛んでいった蝶は、この子だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年生まれのナミアゲハ1号誕生(2)

今年生まれのナミアゲハ1号誕生(2)2009年6月4日

090604ageha08
翅がだいぶ広がったでしょ。時々開いたり閉じたり。(11:16:28)

 デジカメで動画も撮りましたが光量不足で失敗。


090604ageha09

後ろ姿(11:21:44)

090604ageha10
翅がゆったり下がるように割り箸を斜めにしました。(11:29:45) 外は鳥がいるし、まだ飛べそうでもなくて、飼育箱の中でオシッコをしたりして過ごしていました。

今年生まれのナミアゲハ1号誕生(3)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年生まれのナミアゲハ1号誕生(1)

今年生まれのナミアゲハ1号誕生(1)2009年6月4日

山椒の苗で5月17日にアオムシになり、5月22日、23日とあいついで蛹になった2頭。
そう、27日に蛹ポットに移した2頭ですが、そろそろ羽化しても良い日数なのだけど。まさか変な寄生蜂など出てこないよね、と心配も少し。明るい方に透かしてみると上部の3つの突起が透けて見えて、 たぶん中では蝶に変身しているはず・・・

090604ageha01
蛹ポットからそっと出してみると、ボディのシマシマが透けて見える。無事に誕生を待ってるよ。そーっと戻す。(8:01:02)

羽化はあっという間だからね。今までも気がついたら翅を乾かしているところだったりしたものでした。


時々見に行って、ああ、羽化はまだだわ、とよく見たら、

090604ageha03

あらま! 1号が殻を破って登場するところ。
カメラを手にして構える間にも変化していく。待ってください。
(11:10:12)


090604ageha04

もう完全に抜け出てしまいました。速いのなんのって(11:10:27)


090604ageha05

翅を乾かす間止まれるように用意した棒を通り越して上へ上へ。
まだ翅はよれよれのまま。せっかく取り付けたのに。アイスの棒。
(11:10:54)


090604ageha07

ぐるぐる巻いた口は、羽化したばかりでは2つに分かれているそうで、これはまだ分かれているように見えます。(11:11:28)知らなかったことばかり。

今年生まれのナミアゲハ1号誕生(2)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/03

アン12才

090603an
12才になりました。
090603sekihan
この1年無事だったことに感謝、ハッピー!

買い物に出ない夕食は、
餅米と・・あ、小豆もあるある、お赤飯を炊こう。

もちろん!アンにも少しあげます。

また来年もね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »