« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/28

芽再び

090526sansyo
一時は丸坊主にされた山椒の苗。 新芽が出てきています。


090526goya

4月の種まきで失敗したゴーヤは、種まきから出直して、やっとここまで育ちました。
失敗の原因は、水に漬けておいた種から白い根がちょっと出たのをすぐに植えないでいたら、溶けてしまったのでした。タイミングは大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

蛹1号2号の引っ越し

090527sanagi
5月17日にアオムシになり、22日に蛹になった子です。 青いネットに付いたままでは羽化に失敗しそうなので、手製の蛹ポットに入れるために、ネットから外すことにします。蛹1号としましょう。もっと呼び方がないものか・・ 画像は青いネットを鉢から外して裏返したところ。 同じネット内で山椒の細枝に付いていた蛹2号も蛹ポットに引っ越します。
090527an
外が暗くなってしまったので、玄関に持ち込んでオペ(?)と引っ越し。 「また、なーんかやってるよ」とあきれながらも付き合ってくれてるアン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛹への変身目の前で

今日はアゲハの前蛹から蛹への変身を目の前で見ることができた。
きのう山椒の鉢にかぶせたネットの中で前蛹になったのが、墜落。転がしておいても蛹になれるそうなのでキッチンペーパーに乗せて玄関に置いていた。
M字状に折り目をつけたボール紙の溝を下にあてがって。

朝見たときは少し乾いた感じ。蛹になるための変化なのかな、死んでしまったのではないよね、と、そのまま置いておく。

通りすがりにふと見ると、ボール紙からずり落ちそうに移動して、もぞもぞと脱皮が始まっていた。
今までこの数分間での変身ショーを、見逃してばかりだったので、まじまじと見入った。

抜け殻は最後に振り落とすはずが、この蛹は横たわっているせいか、なかなか振り払えない。足に付いたままになってしまった。
変身ショーが一段落したところで、蛹の形が完成する前に記録しようとカメラに収めたが、慌てていて、メモリーカードが入っていないままシャッターを切っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

実山椒が届いた

090521mizansyou
山椒の葉っぱは蝶のお子さんたちが遠慮無く食べています。 ところで、人の方も「ちりめん山椒」とか「醤油煮」とか食べたいのですが、家の朝倉山椒は今年もまったくだめでした。

で、頼んであった「実山椒」が届きました。
細かい枝を取るのに手間がかかりますが、これで手作りできます。

今年のらっきょう漬けはパス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山椒の苗は食べ尽くし前蛹に 

090521sansyonae
あ-あ、小さな山椒の苗木は坊主にされて、ここで育った2匹のアオムシには新居に移ってもらっていました。(17日にアオムシになった2匹です) あまりに小さい苗ですから休養してもらいますが、再生出来るでしょうか。
090521sansyonetto
2匹の新居はネットをかぶせています。蜂などの被害に遭わないためで、 すでに寄生されていないようにと願うばかりです。
090521zenyou
夜見たらネットが汚れていました。ゆるウンチのようです。ということは前蛹になる準備? みつけました。2匹のうち1匹が、青いネットの天井で前蛹になっていました。 今年初めて見る前蛹。明日にはサナギ第一号になる見込み。


柚子の苗にいたアオムシたちにも他の山椒のネット鉢に引っ越し願ったり。
衣は勝手に脱皮しているからいいけど、食住には今年も悩まされそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

現れたクロアゲハ

090518kuro
現れたクロアゲハ。

あっちでもなく、こっちでもないと、産卵の木を探しまわっているのだろうか。
ゆったりしているようでいて、翅の動きが速すぎて。

お隣の金柑の木に産卵できたかな。
(画像はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また!幼虫ばなし

090518gorei
昨日の夕方、山椒の苗にいた2匹がアオムシに変身していた。 山椒の苗に5月4日頃に孵化が続いていたうちの2匹のはず。 いったんプラの飼育箱に入れてみたが、思い直して朝顔の支柱にネットをかぶせて外に置くことにした。
090518gorei2
離れた場所のレモンの鉢でも1匹、更に別のレモンの葉では5齢幼虫に脱皮したばかりのが1匹、脱いだばかりの旧衣と一緒に記念撮影。他にも脱皮しそうな予備軍がいます。

5月の始め、ちっちゃな黒っぽい幼虫がわっと孵化しましたが、自然淘汰されてきました。ツバメが飛んでくるし、雀もやってきます。ついばんでいるのは見たことがないので何とも言えませんが。
蜘蛛はそれほど大きくないのが、幼虫を捕らえているところを目撃しました。枝を揺すって追い払ったつもりでしたが、幼虫は橙色の触角で威嚇したまま・・・隠れていた蜘蛛か、蟻か、夜の雨が連れ去ったのかもしれません。。
生き物が身の回りにいるのは素敵なことですが、楽しいばかりではありません。
(画像はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

モモさん今日はお医者さんへ

モモさんの耳は汚れやすいです。時々の耳掃除にノルバサンオチックを使っています。
両耳の外側に、かさぶたのような塊が付いていました。それを取って更に拭きすぎたせいか赤くなってジュクジュクしてきて耳を振ります。足でひっかきます。
たぶん膿か汚れが付いたペットヒーター(スイッチが入っていない)をアンが舐めます。臭いがするのでしょうか。舐めるのはアンの身体に良くないと思うのだけど、モモが低温火傷で化膿したときもそうやって舐めていました。

モモは耳が痛そうだし黒い汚れがあるし、今朝はキャリーに入れて獣医さんに行ってきました。嫌がって入ったキャリーなのに、出ません。顔だけ出して耳掃除と軟膏を付けていただいて、注射1本。
点耳薬のウェルメイトL3を1本処方されました。1日1回左右の耳に3滴づつとのことです。
1週間後にまた耳掃除に行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モモさんの気まぐれ好き嫌い

猫のモモさん、このところ、また食事に選り好みをしています。
「これ嫌~」「え~~っ 他にないのぉ?」と顔を見あげるので、こちらは缶詰を「これはどう?」「これ買ってみたけど如何?」「これ好きだったじゃない」とパカパカ開ける羽目に。しばらく置いてあっても減っていないので泣く泣く捨てる結果に。
若い猫だったらお腹がすくまで放っておいたと思うけど、19才の猫では食べる食べないだけでも気になってしまう。
こうなるとシニア用ではなくても細かければと、いったんは「シュシュ」に落ち着いて。また「嫌、嫌」が始まって、今は「黒缶プレミアム」が良いようです。でも買いだめしても無駄、また変わるから。

お耳のトラブルで食欲がないのかとも思っていましたが、気に入ればせっせと食べているので、それほど関係ないのでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/13

クロアゲハ幼虫

090513kuro
2007年以来ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハと3種のアゲハとご縁があったが、我が家でクロアゲハは産卵も成長も羽化も少ない。難しいという印象。木陰がないからかな。

それでも、おととい飛んできた姿を見かけるより前にやってきたのがいたらしく、レモンの葉の上にクロアゲハらしい幼虫をみつけた。
やっと1匹。レモンの葉と一緒に飼育箱に移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/11

クロアゲハ飛来シジミ蝶も

ベランダの越冬サナギ2頭の羽化は可能性が少なくなった、絶望的かと思っています。
1頭はクロアゲハだったのですが。

さて、きょうは今季初めてクロアゲハが飛んできたのを見ました。
産卵ではなさそうで、この辺を一回りといった趣でした。
先日すでに、アオスジらしい姿が隣家の裏手に飛んでいくのも見かけたし、ヤマトシジミも今日は新顔が来ていました。
え、どうして新顔とわかったかって?
このごろいつも見ていたヤマトシジミは左の翅がボロボロだったから。

090508sijimi
ね、今まで来ていた子は翅ではっきりわかります。一心にお食事中のようです。

先日など道路のアスファルト上に着地して、歩いてきたよその兄ちゃんに踏まれそう!になりながらも歩幅が外れて命拾い。兄ちゃんが知らずに去ったあと、レスキューに向かった私でもつかまえることができたほど弱っていました。
でももう・・・来ないかもです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/10

エゴノキの花

090508ego
この間、イヌザクラのそばで見た白いつぼみを付けた木。 どんな花が咲くのだろうかと気になっていたので、おととい雨の合間に行ってみた。 花の形で調べてみると「エゴノキ」のようだ。 (画像はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーの花が咲き始めた

090510ru
ルー(ヘンルーダ、ハーブ・オブ・グレース)の花。 すでに2回は登場したと思うけど、花は最近になって開花。初めて見ました。 4弁か5弁だという、第一号は5弁でした。真ん中に咲くのが5弁らしいというのも読んだ気がします。まさにこれは5弁ですが、他の株はどうなのか観察してみます。 (画像はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

羊毛フェルトのワンコ3匹

090506inu3a
090506inub
(以上画像はクリックで大きくなります) 自分用のキャバリアを作った勢いで、チビさん達からリクエストがあったチビワンコにとりかかった。 1人はこの間めざとく羊毛をみつけて濃いピンクを気に入ったようなので、白にピンクをあしらった。 ほかの子たちはきっと白では汚すだろうなと茶系にした。 胴体の芯材は無し。目玉はグラスビーズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊毛フェルトのキャバリア

090506cava1
目玉は市販のグラスアイ4㎜。
090506cava2

羊毛フェルトの白いワンコ2009/04/01
http://anmama.cocolog-nifty.com/web/2009/04/post-14eb.html
に書いた羊毛フェルトのワンコ作りの2作目。
キャバリアを作るための茶色い羊毛がほしい。染めようかと思っていたところ、茶色の羊毛をオカダヤでみつけた。
きのうテレビを聞きながら(見ながらでは針を手に刺してしまう)作業を続けてなんとか形になった。
芯材はワイヤーの代わりにテクノロート(ハマナカ)の2本取り。
ニードル用針でつついてフェルト化していくわけで、針先が芯材に当たることは気をつけていてもあって、この感触は気分のいいものではなかった。 ニードル針1本ポキ。

目玉を固定するのにフラワーデザイン用の紙巻きワイヤーを使ったけど、差し込むのに何回かトライ。
目玉に使ったワイヤー2組が頭の下から出たのをねじって、胴体の首から胸に貫通させて留めることで頭部と胴体がつながるわけ。千枚通しで道をつけてすぐに辿っても失敗する。穴付千枚通しも使った。
でも、あとから動かすつもりがなければ、ワイヤーにこだわる必要はないでしょうね。まだまだやってみないとわかりません。

見た目、細部にこだわりだすなら、コテコテにいじりたくなりそうな素材だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/04

今日の一齢幼虫

0905041rei
昨日の記事のアゲハの卵が、今朝孵化。 見に行ったときは隣の葉に移っていました。


0905041rei2

一昨日孵化したアゲハ一齢幼虫は、レモンの新芽を食べながら少し成長。他の葉と、他のレモンの苗木にも同時進行中のが、いくつかいます。


寄生蜂と寄生蝿の被害をうけないうちに保護したいところですが、葉っぱの上で日を浴びて育っているのを見ると、できるだけ長くそのままにしておきたい気がします。
(以上画像はクリックで大きくなります)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/03

ナミアゲハの卵

090503agehatamago
山椒の苗木にもアゲハの卵があります。 よく見ると色が変化してきて、中が透けて見えてきました。 もうじき孵化するのですね。
090503agehatamagol
上のを拡大してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/02

アゲハ一齢幼虫

090502nami1rei

見る? といっても、よく撮れなかった。
(画像はクリックで大きくなりますが不鮮明)
レモンの新芽の上の卵のそばに、黒い姿があるでしょう。

このごろナミアゲハのお母さんが産卵に来ていた。
今日の夕方帰って、このちっちゃな黒い姿が孵って
いるのをみつけた。
これは2ミリ位。もう1つは4-53-3.5ミリありそう。

=======================================
2009.5.3. 画像追記
昨日の一齢幼虫だと思われる子の今日の姿 
昨日あんまり不鮮明だったので撮り直し。でも育ってしまった。
葉っぱがかじられています。


0905031rei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

ガマズミ?ではなさそう

090501sirohana1
090501sirohana2

ガマズミらしいと思っていた真っ白な木の花。拡大した花弁の形が違うみたい。
ということは、あなた、誰?
(画像はクリックで大きくなります)
=======================================
追記 2009.5.3.
野菜の買い出しに行った帰りに、同様の木の花をみつけて近付いた。
名札に「ミズキ」とあった。
今まで、「ミズキ」の花は「ハナミズキ」の花に見た目が近いのだと、勝手に思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何の木?イヌザクラ

090427inuzakura2
090427inuzakura1

大きな木に細かい白い花がファーッと咲いているのが、遠目でよく見えない。よそ様の畑の向こうだから入るわけにもいかなくて、とりあえず撮ってはおいた。
今日、望遠レンズが帰ってきたのでそれを取り付けて出直した。花はほとんど散ってしまったが、よりはっきりと葉の形や花の房が見られて、「イヌザクラ」だとわかった。
(画像はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »