« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/30

蝶の食草などなど

「蛹化失敗」
今年はクロアゲハやナミアゲハで前蛹や蛹になる時に失敗した子たちがいて、食草が問題なのか、ウイルスなのか気にかかります。

「クロアゲハの産卵」
クロアゲハは日陰に産卵すると言うとおり、モッコウバラと朝顔のカゲに置いたレモンや山椒で幼虫をみつけましたが、1匹だけ日なたのレモンの木で大きくなった幼虫がいました。
ナミアゲハはルーでも産卵していました。
クロアゲハは食草としてルーはお好みではないようです。うんと小さいときから箱で育てたのはルーも食べたような気が・・不確かです。

追記2009.6.5. クロアゲハが比較的幼い頃からなら餌を途中からでもルーに変えられるかどうか、もう一度試したい気がするのだけど。まだそのまま。


「元気なツマグロヒョウモン」
ツマグロヒョウモンは別の飼育箱で羽化した子が、きのうまでに28頭くらい。蛹になるのに失敗したのは1頭だけ。たくましい。外でも菫から菫へと移動する幼虫の姿が見られました。

「キアゲハ交通事故」
キアゲハはこの夏、外のプランターのパセリを食べてコロコロに成長した幼虫が6匹ほどいたことがあったのだけど、そろそろ前蛹かと思える頃、帰ってみたら道路に緑と黒のシマシマ服が乾いているのを発見。蛹になる場所を探して出歩いて事故にあったのでしょう。かわいそうに。
すぐに残りの3匹をパセリのポットごと飼育箱(中)に保護。案の定まもなく前蛹になって、蛹、羽化と無事旅立ちました。

「キアゲハの食草」
キアゲハの幼虫がいつの間にかルーについて暮らしていました。みかん科の葉で食草を代用できるのかと様子を見ていましたが、途中で☆になってしまって、ルーで5令幼虫まで成長した子はまだ見ていません。

「スミレ」
食草のスミレ探しですが、生えているところにはまとまって生えているのですね。摘めないところでは意味がないので、道路やコンクリートの割れ目にあったー!!と喜んで通っても、いつのまにか他の雑草とともに刈り取られてしまっていたり、ツマグロヒョウモンの先客がいて遠慮せざるを得なかったり。

「種まき」
野生のスミレとビオラ、種蒔きを継続中です。自給率アップしないと。
レモンは使った後の種を蒔いたのが小さな小さな苗になっています。というより種のためにレモンを使ったわけで。買った中にはほとんど種のないレモンがあった。来年までにどのくらい伸びるのかな。

パセリもすぐ坊主にされてしまって蛹になる前のキアゲハの幼虫は2匹で1日1ポット食べたことが。
パセリのポット苗を買いに走って、いっぺんに6ポットくらい買って、レジで「時々もりもり食べたくなりますよね」って言われたとき、幼虫のためとは言えなかった。
種を蒔いたのは食べ頃に育ったけど、肝腎のキアゲハ幼虫がもういない。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/29

ツマグロヒョウモン羽化

080929tumaguro


夕方帰宅したら玄関では昨日割り箸に吊した蛹からツマグロのメスが羽化していた。
まだ羽を乾かしている最中だったらしいが、しばらくすると飼育箱の底へポトッと落ちたり登ったり。狭いものね。
雨が降っているからと迷いながらも手に乗せて、玄関前にランタナの鉢を置いてとまらせておいた。雨が当たらないスペースではシジミチョウも飛んでいることだし。
今年最後の羽化になるかな。
6時ころ姿が見えなくなっていたのはどこかに潜んでしまったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/28

なかなか羽化しない

玄関に置いた飼育箱の中は、9月2日に蛹になったクロアゲハを始め、順に蛹になったキアゲハ、ナミアゲハの羽化がそろって遅れすぎている。蛹になった時季はまだ越冬蛹になる頃ではないと思っていたのだけど、さすがに心配に。
灯りに透かしてみる勇気はなく、寄生された様子がないけど動く様子もない。蛹ポット(蛹ポットは「がらくた昆虫館」田舎村さんという方のホームページを参考にさせていただいています)に移して飼育箱のふたは開けたままベランダに置いて様子見。
ついでにツマグロヒョウモンの蛹が1頭残っていたのを割り箸につり下げて、これは中くらいの飼育箱に引っ越しておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/20

ルリタテハだったのかなあ

「ルリタテハ」だったのかなあ。
数日前に羽がかなり痛んだ蝶が玄関前に羽を休めた。
黒っぽくて青が入っている。アゲハではない。
急いでカメラを持ち出したけど、案の定いなくなっていた。
とっさに目に焼き付けた像で検索したら複数の蝶名が残ってしまって、迷いだした。
消去法で行くとルリタテハが一番近いかな。
また来てくれるとはっきりするのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/13

黄花コスモス

080913kibanakosumosu_2
(クリックで大きくなります) 先日、黄花コスモスが咲いているという記事が新聞にあった。 去年は夫が写真を撮ってきて、それを見た私は「やっぱりコスモスはふつうのがきれいだと思う」なんて言っていたものだった。 でも、場所は見当が付いているし行ってみようと出かけた。 黄花といっても橙も赤も混色もある。
080913kosumosuageha
案の定、蝶も来ているじゃない。うふ
080913seseri
セセリの仲間。
080913kibanakosumosu2
080913kibanakosumosu3
080913kibanakosumosu4
080913kibanakosumosu5

9月10日からは家庭の花瓶に飾る程度なら花を摘んでもいいとのことで、
仏壇用に摘んできた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月下美人 一夜明けて

080913gekka4_2
団体で、しょぼーん

でもね、今夜は2輪咲きますよ。
みつけられるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

今夜はたくさん咲きました

080912gekka1_2

夕べの2輪に続いて、今夜はいくつ咲くのかな。


080912gekka3

開花の始まりが遅くて、今夜咲くはずだけどなあ..と不安にもなった。
ご近所さんには自由に見に来ていただいた。


080912gekka2

花数全部で14輪。一晩の記録として我が家では最高。
(大鉢・・11輪、小鉢・・3輪、)
他に大実月下美人・・1輪
ほとんどが日当たりの良い葉に咲いたけど、ごめん、画面に収まらないよ。
たくさんだったせいか花が小ぶり。
これだけ咲くのってエネルギー要るんでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

蝶 外来種?

朝植木鉢の移動やら水撒きやらしていたら蝶がやってきた。
今朝はだれかな?・・アゲハ・・みたいだけど違うね。
玄関タイルに着地して羽を広げたのを見ると、白黒模様の下裾に赤い斑点が連なっている。
フェンスのむこうに飛んでいったのを見届けてカメラを持ち出したが、入れ違いに建築現場へ飛び去ってしまって撮れなかった。

記憶した姿で蝶名をネット検索していて、思いあたった。先月実家の無花果の葉にとまった蝶。
アゲハの柄とは違う気がしてとりあえす撮った蝶と同じかも。ボケボケ画像を拡大して比べるとたぶん・・口吻が黄色だからアカボシマダラですね。

080830cyou
「アカボシゴマダラ」かも?画像は8月30日撮影。 神奈川県

〝かがくナビ〟http://www.kagakunavi.jp/
「自然だより」の2008年8月29日「アカボシゴマダラ」の記事の中に
「湘南や関東各地で見つかったアカボシゴマダラは奄美大島のものとは違うもので、中国大陸原産のものであることが分かりました。」とあるので、場所から考えると私が見たのは、外来種なのかもしれない。

きちんとした写真を撮れずじまいなのだけど、ネットで「アカボシゴマダラ」についての記事を読むほどに、喜んでばかりもいられないのだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

今年の夏は

書き込みしないまま8月が過ぎて。

この夏は・・
広くないスペースに植木鉢をおいて蝶の訪れを待ってみたり、食草のスミレ探しに一喜一憂したり。レモンやビオラやパセリの種を蒔いたりした。

080816rantana
ランタナの花は色の種類があるし、色が変化していくのが楽しみなものです。
080801buddorea
ブッドレア(ブラックナイト) -バタフライブッシュともいいます。 大きくなるらしいけど、ほしかった。 
080814haibi
前にblogに登場したハイビスカスも元気にしています。背丈が伸びました。植えかえなきゃね。
080809usubaki
チェリーセージで羽を休めていたウスバキトンボ。
080901tumaguro
ツマグロヒョウモンは飼育箱から26頭くらい羽化して飛び立ちました。 スミレの葉は、歩道のコンクリートの隙間でがんばって生えているのがみつかって、まずは飢え死にさせずに済みました。 ツマグロヒョウモンの蛹は前に書いたように、キラキラした点々がついて綺麗ですが羽化して抜け殻になるともう キラキラがなくなります。 画像は虫とか蛹が苦手な方は絶対クリックしないで。 キラキラを見たい方だけクリックすると拡大できます。 080815tu_sanagi_2


080815kiageha

ブッドレア(ハーレクイン)とキアゲハ。
今年はパセリがたくさんあったので、キアゲハが育ちました。
飼育してみてナミアゲハとキアゲハの成虫の模様の違いがやっとわかりました。
幼虫時代の色柄と食草がまったく違うのに蝶になると似るのですね。

080821angekka
アンも元気。小さい鉢の月下美人は家の中で鑑賞しました。

雷雨に土砂降り、暑い暑いといいながら、犬ネコ人間、どうにか乗り切って9月のカレンダーも中盤にさしかかろうとしています。

ペット, 日記・コラム・つぶやき, 植物, | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »