« アゲハ越冬サナギ羽化 | トップページ | こんなタンポポはじめて »

2008/05/17

手描きのキャバリア

この間、下板橋駅で下りて歩いていて、ガラスや陶器のお店をみつけた。道路の反対側だったのでその日はパス。
水曜日には用事が一段落してほっとしたせいもあって寄ってみた。

家の食器を減らそう、いっそ普段使いは手持ちのコレールで間に合わせてもいいかもと思っていた矢先。見ない方がいいのに。

じゃん!!
手描き犬柄のカップが目に入ってしまった。もしかして、キャバリア柄はあるのか? 目を横に走らせた。

〝スパニエル〟と表示があってまさしく〝キャバリア〟価格3675円
大量生産品なら、またね、となるところ。手描きは気に入ったときが運命。
キャバリアグッズ熱が上昇を始める。

そんな贅沢している場合ではないよという声を、このところいろいろ節約にがんばったよねという考えが説き伏せた。

080517cup1
カップの内側に描かれたキャバリアはそんな事情に関係なく人なつっこい表情をしてる。 作者さんはきっと犬好きにちがいないと勝手に想像している。
080517cup2
底には〝えむ 絵夢〟とある。 食器としてはもったいなくて使いません。飾っています。

細田ガラスさん
東京都板橋区板橋1-34-9


|

« アゲハ越冬サナギ羽化 | トップページ | こんなタンポポはじめて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/41235542

この記事へのトラックバック一覧です: 手描きのキャバリア:

« アゲハ越冬サナギ羽化 | トップページ | こんなタンポポはじめて »