« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/30

オープンハウス

この間の土曜日、今年もオープンハウスにお招きを頂いて、お邪魔しました。
夕方からのバーベキューが始まっていました。

Barbecue
せっかくの肉の塊や魚が小さく解体されないうちにと1枚パチリ。

去年は炉の近くや、生ビールの樽のそばにいたのだけど、今回は原チャで行ったのでアルコールはもちろん×。樽から離れて屋内でウーロン茶を紙コップに注ぎながら、誰かが運んでくるのをつまみながらおしゃべり。
ワインも美味しそう・・・けどパス。
アルコール抜きでがんばって(?)帰りがけにテーブルでいただいたコーヒー、おいしかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/24

行田 古代蓮の里

070724kodaihasu

行田の「古代蓮の里」へ行ってきた。
古代蓮だけでなく、いろんな種類の蓮が見られるというので、予定していたもの。
蓮の花は朝が早いのに家を出るのが遅くなり、でもとにかく一度行こうと電車に乗りました。JR行田駅前からシャトルバスに乗り、往路は「古代蓮の里前」まで直通。
着いたのはすでにお昼前で、炎天下、帰りのバスの時間を気にしながらゆっくりもできなかったのが残念だったけど、気に入った花を撮ることができた。黄色い蓮の花は初めて見たし。

070724hasu


070724onibasu

水生植物も見ました。「オニバス」・・子どもの頃の図鑑で「オオオニバス」というのがたいそう印象に残っていたので、気になっていたひとつ。オニバスは葉の縁が立ち上がっていないんですね。


070724mizukanna

「ミズカンナ」の花が咲いていました。

ひとまわりして、「うどん店」へ。
6月中旬から8月中旬までは7:00~13:00まで開店しているという、ぎりぎりの時間にやっと昼食。もりうどん¥350

売店に寄る時間が無く、1時15分発のシャトルバスで帰路へ。

埼玉県行田市「古代蓮の里」
http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アゲハ幼虫その後

070723yochu

山椒から金柑の木に移動願った幼虫。

子どもの頃、朝顔とか蚕とか、観察の宿題なんていうのがあったはずなのだけど、これほど熱心ではなかったなあ。家に桑の木は無くて、蚕用に桑の葉探しをしたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

月下美人7月23日は一輪

2007年7月23日 今夜は一輪。
今朝、蕾の先が少ーし外向きにカールしていたので、もしかしてゆうべ遅くなってから咲いてしまったのかと、気になっていたのです。

夕方帰宅してみると、これから咲く様子でほっとしました。咲こうとしたら朝になってしまったので、暗くなるのを待っていたという感じでしょうか。

070723gekka1

19時過ぎ、開きかけています。


070723gekka

22時50分、花の横幅22-23cm位。奥行き19cm位、葉から花の先までの長さ34cm位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

終齢幼虫

070715ao_1
昨日家に帰ったら、山椒の木で待っていたのは緑色に脱皮した幼虫。 アゲハの終齢幼虫というそうです。今日の夕方にはもう1匹も脱皮していました。 画像などで見ていたのとそっくり同じお顔をしていて、当たり前なんでしょうけど笑えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/16

虹 見ましたか?

070715niji

昨日の夕方、久しぶりに虹を見ました。

ほんとに久しぶりでした。

〝虹の橋〟を思いました。

〝虹の橋〟を渡っていつかまた逢える。

ちょうど、お盆です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モモのシニア食

0704iwatanimirusajpg
画像はイワタニ ミルサー

しばらく登場していなかった猫のモモさん、食べることが楽しみなシニアライフ。

食べ物は、アイシアの「ふんわりムースまぐろ缶」〝かつお缶〟ではなく〝まぐろ缶〟のほうがお気に入り。これを一度に四分の一缶ほど。それにドライフードの「アイムス毛玉ケア シニア 白身魚味 」を粉砕したのを振りかけて食べています。
ドライフードをふやかしてというのを喜んでくれなくて、ドライフードを細かくしようとして「バーミックス」を壊してしまい、「イワタニ ミルサー 700G IFM-700G」がモモ専用に活躍中。それこそあっという間に細かくなります。これは良いと思います。

80gの猫缶を一度に食べきれず、ちょこちょこ与えるので、蒸し暑いこの季節、痛みが気になるところ。
冷蔵庫から離れた2階で食べるため、缶に入った残りは発泡スチロールの箱にタオルでくるんだ保冷剤を入れて、保存。
これがひんやり口当たりがいいのか、気に入ったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

幼虫

0707sansyo


このごろ、小さい鉢植えの朝倉山椒の木に、こんな子たちが棲んでいます。
同じ大きさのは2匹。あと卵からかえったばかりのゴミと間違えそうなのや中くらいの。
たぶんナミアゲハになるのだろうと見守っているところ。(家人は蛾になるよというけれど)この辺アゲハが飛んでいるもんね。

でも! だんだん無事に育ったとしたら、小さな山椒の木ではエサになる葉っぱが足りそうにない! 山椒の木を、最近行った植木屋さんでもホームセンターでも見かけなかった気がする。

別のホームセンターへ行って金柑の鉢植えを買ってきた。まだ白い花も咲いている。これでエサの葉っぱはなんとかなるかな。
本来なら金柑の実がなるのを楽しみにして、虫を退治するのだろうにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/12

ゴーヤ

0707goya
アン・・「なに?このいぼいぼ、怪獣?」 ママ・・「食べる?」 アン・・「よしとく」

ゴーヤが2階のベランダ目指してツルを伸ばしています。
これはこの間収穫した第一号。
5本植えたうち、鉢植えの3本は次々に雌花がついて実が育っています。
路地植えにしたほうはやっと今日、雌花がひとつ咲きました。
食べるのは私だけ。いっぱいなったらご近所にあげようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/09

月下美人の季節

070707gekka
今年も「月下美人」開花の季節。 今年の一番花は七夕の晩に2輪。

3輪同時進行して開花するかと思えたのですが1つの蕾が小さいうちにリタイア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

10歳のお祝いジェットセット

070706an
アンを病院に連れて行くとき、「シェルパバッグ」に入れて肩に掛けて行ったり、息子や娘に車を出してもらったりしていた。

10歳のお祝いはバッグよね、などとかなり実用的発想で、ベビーカー様のカートというのも前々から選択肢にあって、ほとんどその気になっていた。でも電車のラッシュ時にあたると困るし。

小さいワンコや猫ならいろいろ気の利いたバッグを売っているのだけど、アンにはサイズが厳しい。
何かないかと探していて、リュックにもなるバックを見つけた。「ジェットセット」という製品。リュックの機能はアンが重いから私が耐えられなくなるかもしれないけど、別売り部品を使ってバイクや自転車に取り付けられるのが嬉しい。ちょうど通販の「GREEN DOG」http://www.green-dog.com/さんが6周年記念セールをしていた時に安く買えた。取り付け部品もネットで探して購入。

アンをバックに入れるのは「シェルパバッグ」で慣れているから楽勝!!と思っていたら、見慣れないバッグにしぶしぶ入るという感じ。おやつの煮干しで慣らしてから、「ハウス!」で潜り込むようになったところ。
これでお出掛けできるとわかったら、姫様のお気に入りになってくれるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

オオムラサキの放蝶会

オオムラサキの放蝶会にいった。

0707oomurasaki01

東武東上線の小川町でオオムラサキを見ることができるところがあるときいていた。
虫サンに関心がなかったので行ったことがなかったのが、花の写真を撮ったり花に来る虫の写真を撮ったりしているうちに、ぜひオオムラサキを見たいと思うようになった。
去年夫がクロアゲハを撮ったのを見て、大きな蝶を見たい撮りたい願望が。
先日夫の知人から放蝶会のお知らせがきて、これは是非行こうと天気を気にしつつその日を待った。
今年は7月1日、場所は カタクリとオオムラサキの林(下小川地内・仙元山徒歩入口)
午前10時からというので朝から夫をせかせて出発。東上線の小川町で下りてバスに乗り、「伝統工芸館」下車。あとは近い。テクテクと会場へ。

0701annaiban

「 下小川三区コミュニティ倶楽部」の方々のあいさつや説明のあと、紙に包まれた蝶が子ども優先で参加者に渡された。紙を開封すると飛んで行ってしまうのや、服にとまるのもいる。子どもの手のひらにとまるのもいる。木の幹で撮影のモデルを務めてくれるのもいる。そうするうちに、木の枝にテープ留めしたさなぎから羽化が始まっていた。

070701oomurasakiuka

070701oomurasakiosu
ひとしきりにぎわって、解散のあと、カメラを持ってきた人たちがまだ蝶の姿を追っていた。 

0701omurasaki3

0701oomurasakimesu

日本の国蝶オオムラサキはゆったりとしていた。オスは青紫色が入っている。メスは地味。

070701oomurasakimesu2

子どもたちの手のひらに乗ったメス。
-ツレアイが撮った画像を拝借-

0701omurasakiyochu

ワタシ、幼虫です。

0701oomurasaki2

蝶ばかり見ていたけれど、その合間に黒いトンボがんでいった。正しい名前はわからないけど、子どものころ、
家の辺りでみかけたのと同じだと思う。ハグロトンボ?
虫さん苦手なんだけど少しずつ慣れてきた。まだ持てないけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »