« 近くの児童公園 | トップページ | 確定申告締め切り間近 »

2006/03/10

古いパソコンデータ抹消

先日、パソコンショップに寄って「ターミネータ4.0 データ完全抹消 」というソフトを購入。
Win95が入っているうちの古いパソコンでもOSごとHDDを一気に抹消するなら使えそうというのが気に入って決めたソフト。他のパソコンもいずれ抹消ソフトのお世話になるだろうからと買ってみた。
psv_aptina
Aptiva515(1996年購入)と、PS/V Master66(中古で譲り受けたPC)は内蔵HDDもそれぞれ540Mb、340Mbと、容量は少ない。少ないからといってフォーマットしただけで廃棄するのは不安なので、(困るような個人情報は入っていないにしても読み出されたら気持ちが悪いし)HDD抹消ソフトを探していた。製品版ばかりでなく、フリーソフトもあるようだけど、一応ネット検索しても条件が合うソフトが見つけにくかった。HDDを物理的に壊すという方法は最後の手段としたかったし。

さて、と作業を始めようとしたら、Aptiva515がマウスを認識しないでエラー。なんで?使わないでいたらおかしくなった??ちょっといじっているうちに面倒になって、HDDを取り出し、PS/V Master66の2台目の内蔵HDDとしてつないでみた。こちらではちゃんと2台目のHDDとして存在してくれていた。
tukekae
PS/V Master66のCDドライブは後から付け足したもの。必要なファイルをフロッピーにコピーして、起動ディスクで立ち上げて説明書通りに進む・・はずが・・青い画面で文字化けして先に進めない。何回やっても同じ。
夜も更けてぼーっとした頭で試行錯誤。別に持っていた起動ディスクを使って作業したらそのせいか、とたんに日本語が現れてわけなく次へ進めた。なんだったのだろう?まあいいや、先を急ごう。

データ抹消にかかる。抹消といっても消すのではなく、なにやら書き込んで読み出せなくするのだそうだ。7段階あるレベルの5を選んで1台目のHDDデータ抹消にかかる時間が表示された。25分。最近のPCなら速いんだろうな。あとはPCに任せてその間お風呂に入る。すでに2時半。2台目は1時間近くかかるようなので、仮眠。目が覚めると抹消の書き込みが終わって次の画面が指示を待っていた。
終了レポートをフロッピーに記録して、爆睡したのでした。

win31
翌日はそれぞれのパーツをもとどおりにして、フタをしてそれだけでいいのにAptiva515をリカバリーしてみたくなった。もともとはWin3.1とOS2が入ったPCだったので、Win3.1の画面に「プログラム・マネージャー」が表示されたのを見てとても懐かしかった。リカバリーしたらマウスも動くようになっていました。

|

« 近くの児童公園 | トップページ | 確定申告締め切り間近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36146/9020595

この記事へのトラックバック一覧です: 古いパソコンデータ抹消:

« 近くの児童公園 | トップページ | 確定申告締め切り間近 »