2020/11/23

一緒に踊ろう!みんなで踊ろう

10月7日の記事「和紙のキャバリア」のその後

高さ6センチ弱の子たちを たくさんたくさん作りました。
細かい作業だけど、表情ができてくると楽しくなります。
色紙の小サイズくらいの台紙に何匹か踊らせて。

2011024as
目鼻は無理しないで描いています。
首輪は時期的にクリスマスカラーの赤や緑を千代紙から切り取って。

バラバラに旅立ってしまう前に集合写真。

クリックするともう少し大きくなります。

201122odoricavas

手もとに残した子で画像処理して遊んでみました。

201122odoricavas_20201123122401
あれっ 後ろ姿の子が いないわ。

| | コメント (0)

2020/11/19

鬼滅の刃22巻まで

鬼滅の刃22巻まで読み終えました。

今年に入ってまだ毎日のように来ていた小学生の孫君が「きめつのやいば」をネット検索していました。

なんのことかわからない私は、鬼 滅 刃・・? どうもマイナスイメージだな。好みではない感じでした。

春のステイホームの頃に単行本を借りて3巻まで読み進んだものの、モノクロのコミックの紙面を追いかけるのは老眼。

ついて行かれなくなって。登場人物の見分けにも苦戦して挫折。

やったら血が流れ首が転がるので、これカラーでは見られないよ、子どもたちは大丈夫なのかなと心配しました。

 

それが夏を越し、アニメ版をテレビで観てしまい。録画までして。ああ撮り忘れた~ とか。

シニア、なんという変心。

孫のS君が残りを貸してくれたので再チャレンジ。今度は予備知識?もあったので、全集中して一気読みしました。

 



 

 

| | コメント (0)

2020/10/18

月下美人の花とアンディ

月下美人の花とアンディ
Epiphyllum oxypetalum & Andy

201018gekkaandy

寒くなったせいか、月下美人が日が昇っても美しく咲いています。

ただ今 A.M.10:59
アン君とツーショットを撮るめったにないチャンス。

今年最終の開花だと思います。ありがとう。

| | コメント (0)

2020/10/07

和紙のキャバリア

和紙のキャバリア作成中。

201007burenodori
目も鼻も、まだ尻尾もないのに楽しそうでしょう。
コロナで縮こまってしまいがちなので、
彼らに賑やかに踊ってもらおうかと。

 

| | コメント (0)

2020/09/16

エコ包装

【wafu】 linen clothing さんのエコ包装。

一番上は保護するためにOPP袋を1枚使って送られてきますが。

200916wafueco1

できるだけプラスチック袋を使わない包装ということで、

200916wafueco2

クラフト袋の中の、作品を包んでいるのは服の裁断の時に敷紙として使った紙とのことです。

200916wafueco3

丁寧に包まれています。

いいね!です。

 

「包む」のは手間がかかるのは分かるのです。私も和紙小物の作品を個包装して送ることがあります。

OPP袋は中身をキレイに見せるし、安いし、サイズの種類があって便利で、ついつい多用してきました。

でも去年の夏から、なんとか代わる包装がないものかと探しているところです。

 

| | コメント (0)

2020/08/15

リネンでもんぺを縫いました

200815monpe

もんぺを縫いました。
ウエストゴム入りの簡単なもんぺ。

コロナと熱中症アラートで家にいることがますます増えたので、楽な服が一番!

マスク作りでリネンを使ったことから、もんぺもリネンを使ってみようと思いました。
また好奇心と実験スイッチが入ってしまって。

ネットの「生地の森」で生地サンプルと生地を買いました。
これはラミーも入ったアンティーク風ラミーリネン、中厚生地。色はターコイズ。

前回木綿で縫ってから数年?経っていて、型紙はあってもアレンジしたことを忘れている情けなさ。
そもそも後ろウエストの持ち出し位置を間違えて、後から布を足しました。

ポケットの入り口が本体に沿わなくて、ポケットの縁を少しつまみました。

盛夏用にはちょっと厚地。張り付かないけど少しチクチク。履き込んでどう変化するのか楽しみ。

| | コメント (0)

2020/08/12

妖精アマビエこけし到着

200812amabiekokesi
妖精アマビエこけしが届きました。
コロナ封じで妖怪アマビエさんが話題になっていましたが、
こちらは妖怪ではなく
「妖精アマビエ」こけしさん。

木地処さとう 英之工人さんが作っています。
やさしい表情をしていますよ。

 

| | コメント (0)

2020/08/11

残暑お見舞い申し上げます

200623bt2sss 

残暑お見舞い申し上げます。
って、酷暑ですよね。
去年までは「熱中症に気をつけて、水分を採って」が挨拶のようになっていました。
今年はソーシャルディスタンスSocialdistanceが加わって。生活の変化に一生懸命合わせようとしているところです。

| | コメント (0)

«カラスアゲハの子行方不明